おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61
    富士山の8合目あたりで全身真っ白の人とすれ違う時挨拶をしたらヤバイらしい


    145
    >>61
    こーゆー短いやつ好きだな


    64
    だれもいないはずなのに挨拶されたりとかはたまにある
    聞き違いだろうけどちょっとこわい


    79
    前に進んでるはずなのに2時間前に通った場所に戻ってた時は怖かった



    167
    神様が悪霊並みに害を及ぼす山怖エピソードが多いけど、本当に神なのか?


    323
    >>167
    日本人は古来より「手に負えないもの」を神として奉る事で難事を乗り切って来た。

    例えば、癇癪を起こして暴れまわる人を押さえつけても更に暴れるだけだが、
    好きなようにさせ、要求を全て叶えると勝手に暴れるのを止める、みたいな感じ。
    菅原道真もそんな感じで神になった。


    【【オカルト部】お前らが知ってる「山であった怖い話」してけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    件の伝説

    件(くだん)とは文字通り、半分が牛でもう半分が人の姿をした妖怪で、牛から生まれ人の言葉を話し生後数日で亡くなるが、その間に地震災厄、戦争など多くの人々の命が奪われる事象に関して様々な予言をし、それは間違いなく起こると言い伝えられています――(おうまがタイムズ)



    65
    うちの地元ではクダンの伝説がガチで残ってる


    【【怪異】うちの地元では予言ではなく祟る件(クダン)の伝説がガチで残ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    酪農家が見た件の予言

    件(くだん)とは、日本各地に伝わる伝承で、大きな災害や災厄が訪れる前に産まれ「予言」を残して死んでいく妖怪だと言われています。外見は「件」(=人+牛)という名の通り、顔が人間で体が牛の姿をしているそうです。スレ主の実家は酪農を営んでおり、それ故か何度か件を見たことがあり予言も聞いたことがあるとか――(おうまがタイムズ)



    1
    これはマジ
    生まれてから数度、件を見かけた
    大抵は氏んでるんだけど一度だけ件の予言を聞いたことがある

    酪農家のVIPPERも見たことあるよな?



    【【件の予言】友「件(くだん)って妖怪知ってる?」俺「親が酪農家だから結構見かけるよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    件阪神大震災

    件(くだん)とは、19世紀前半頃から日本各地で知られる妖怪で、「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物です。各地で大きな震災の前後で目撃情報があり、実際に件から啓示を受けたといった話も聞きます。また、牛の頭に体は人身の姿をした「牛頭」という鬼も存在しますが、記者はその地獄の鬼「牛頭」を目撃したとか(おうまがタイムズ)
    1
    本来は地獄で亡者に罰を与える恐ろしい獄卒

    まず、くだんについて軽く説明しておきたい。
    くだんとは「件」と書く。
    人という字と牛という字をあわせていることからも分かるように、要は人と牛の合いの子みたいなUMA(未確認生物)である。

    なんでも、この国に天災や人災が間近に接近すると、普通の牝牛から、くだんが誕生するという。そしてくだんは、生まれてすぐに、なんと日本語で予言をするのだ。
    生まれた瞬間に日本語を使いこなすんだから、くだんはきっと頭がいいんだろう。

    しかし、そんな聡明なくだんは、予言をした後、ほどなくして氏ぬという。噂の範疇を出ないが、これまで流行り病や、干ばつなどを予言したほか、第二次世界大戦の前夜にも出現したとされている。
    ただ、その姿は「牛の体に人間の頭を持つ」とあるので、僕の見たものとはルックスが違う。

    一方で牛頭とはその名のとおり、牛の頭を持つ人である。僕が目撃したのはこっちだ。
    牛頭とはそもそも、仏教の経典に登場する存在。地獄において亡者に罰を与えるという仕事に就いている牛頭人身の鬼だそうだ。

    http://news.careerconnection.jp/?p=26560



    【【予言】体は牛で頭は人間! 凶事を告げる魔物「件」阪神大震災前の神戸で目撃談も…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    件(くだん)地震予言

    件(くだん)とは、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪で、「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られています。幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ人間の言葉を話し、生まれて数日で亡くなるが、その間に作物の豊凶や流行病、地震、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こると言い伝えられています。報告者は兄のお嫁さんが地震を予言する件のように、予言する赤ちゃんを産んだと語っていますが(報告者は件と表現されていますが、容姿が異なるので件とは言えないかもしれません)、「地震」という言葉は報告者の聞き違いなのか、それとも――(おうまがタイムズ)



    425
    兄嫁が件を産んだ

    帝王切開だった兄嫁
    もともと仲はまあまあ良くて麻酔がさめるときも部屋に入れてくれた

    兄嫁が目をさまして10分くらいかな?兄と両親兄嫁両親が一回談話室に移動してよかっただの何だのと語ってる間に赤ちゃんが兄嫁のとこに運ばれてきた
    まだ酸素マスクつけてる兄嫁の横にちょこんと寝かされて
    ギリギリで早産だったから小さめの赤ちゃん
    兄嫁は泣いてた
    ずっと入院しててそのまま産んだから安心したんだと思った


    【兄嫁が件(くだん)を産んだ オウムみたいな甲高い声で「地震」って聞こえた】の続きを読む

    このページのトップヘ