おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

古代生物

1 2018/05/14(月)
ルーマニアで40年前に見つかった顎の骨の化石が、翼竜のものとしてはこれまでで最大であることが分かり、学術誌「Lethaia」に発表された。
翼を広げると9メートル近くになる巨大な種が、今の同国中部のトランシルバニア地方にかつて君臨していたのかもしれない。

(略)

新たに発表された翼竜は比較的がっしりしており、首が短く頭が大きかったとみられる。
雑食の可能性があり、恐竜の卵、小型のワニ、淡水のカメ、大型の魚など、生息地である川辺の環境にいた生物を次々と食べていたのかもしれない。

「見つかっている中で最大の翼竜ではありませんが、下顎の骨としては、今まで採集された中で最大です。 修復すると110~130センチにもなります」。

トランシルバニア博物館協会の古生物学者で、論文の筆頭著者のマティアス・ブレミール氏はこう語る。
「このことから、かなり大型の翼竜だった可能性があります。翼開長は8~9メートルだったかもしれません」

この地域から見つかった巨大な翼竜は、これは現時点で3つ目のタイプとなる。
つまりトランシルバニアは今や、驚くような姿を誇る空飛ぶ爬虫類の、もっとも生息密度が高い場所だったと胸を張れることになった。

その面々には、2009年に発見され、研究者が「ドラキュラ」とニックネームを付けた大型種も含まれる。
この種は最大の翼竜の有力候補だ。

(略)

■頭の長さは胴体の3.5倍

今回発表された翼竜の化石は、現時点では巨大な顎の骨しか見つかっていない。
もともと、この化石はトランシルバニアのハツェグ地域で1978年に発掘されたが、当初は翼竜だと認識されなかった。
2011年、ブレミール氏はハンガリー、デブレツェン大学の古生物学者で、論文の共著者でもあるガレス・ダイク氏と共にブカレストの化石コレクションを訪ねたとき、翼竜との関連に気付いた。

種名が付いている翼竜としては世界最大級のハツェゴプテリクスも、このハツェグ地域で見つかっている。
キリンほどの高さがあり、翼開長は最大で11メートル近くに達した可能性がある。

今回研究された化石には、近縁であるハンガリーの翼竜、バコニドラコの顎と似ている点があった。
このことから、ブレミール氏らの研究チームは、まだ命名前のこの種はハツェゴプテリクスよりわずかに小さいものの、頭は比較的大きく頑丈だったのではと考えている。

上記の翼竜はいずれも、アズダルコ科という、独特なプロポーションの巨体を持つグループに属している。
4本の肢で巧みに歩き、地上の獲物を狩っていた。

米国、南カリフォルニア大学で翼竜を専門に研究するマイケル・ハビブ氏は、この科は基本的に「著しく大きな頭と首に翼がついているようなもの」とコメントする。
北米のケツァルコアトルスなどはアズダルコ科の典型で、頭部の大きさが肩から股関節までの長さの約3.5倍もあった。

米国ミネソタ州の造形スタジオで制作中の等身大のケツァルコアトルス・ノルトロピ(Quetzalcoatlus northropi)の模型。
体高はキリンほどもあったと考えられていて、空飛ぶ動物としては史上最大だ。



http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051000208/
2
(略)

■「飛ばなかったと自信をもって言えます」

ブレミール氏によると、今回の発見は、トランシルバニアの白亜紀末の地層から近年見つかった翼竜を全て検討し、太古の生息地について明らかにする大型プロジェクトのなかでもたらされた。

「白亜紀後期には、巨大な翼竜がまとまって現れていたようです。
数種の翼竜がおそらく年代的に重なり、いずれも大型化していました」とハビブ氏は話す。
「その時の何らかの条件が、彼らにぴったり合っていたのかもしれません」

地上で狩りをする大きな翼竜が群島の1つに上陸すると、彼らは一帯で最大の捕食者となった。
つまり、比較的安全で、獲物にも営巣に適した場所にも困らなかった。

おそらくこれが、ドラキュラとあだ名された翼竜が驚くほど大型化した理由だろう。
このサイズは、空飛ぶ爬虫類としては限界に近い。

「ドラキュラ」の論文はまだ発表されていないが、ドイツのアルトミュールタール恐竜博物館には、復元した実物大の骨格標本がすでに展示されている。それによると、地上からの高さは3.5メートル、翼開長は12メートル弱となっている。しかも、肩や翼などの骨の形からすると、この巨大な動物は飛べなかった可能性があるという。

(略)

「『ドラキュラ』は飛ばなかったと自信をもって言えます」とブレミール氏は言う。
「よく似た例が、マダガスカル島の絶滅した巨鳥エピオルニスです。
トランシルバニアも、白亜紀後期には島でしたから」

(略)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051000208/?P=3

【【えぇ…】これは無理ww実は頭がデカすぎてドラキュラ(古代翼竜)は飛べなかった? ケツァルコアトルス模型をご覧ください→】の続きを読む

1
2017年02月21日

推定5万歳の休眠微生物、メキシコの「クリスタルの洞窟」で発見

とても美しいがひどく高温であることから、桃源郷とも地獄ともたとえられるメキシコの洞窟で、巨大な結晶に 閉じ込められた推定年齢5万歳の生命体が発見された。

メキシコのナイカ鉱山の洞窟で、休眠状態にある珍しい古代微生物が見つかった。米航空宇宙局(NASA) 宇宙生物学研究所(NAI)のペネロペ・ボストン所長によれば、これらの微生物は鉄やマンガンなどの鉱物を 栄養源にして生き続けることができたという。

ボストン氏は2月17日、ボストンで開催された米国科学振興協会(AAAS)の年次総会でこの発見を発表し、「すごい生命体だ」と語った。

この発見が確定されれば、地球上の極めて過酷な環境下でも微生物が生き延びられることを示す新たな一例となる。

今回AAASの年次総会で発表されたのは、9年間にわたる研究の成果だ。この研究結果はまだ学術雑誌では 発表されておらず、同業の研究者による相互評価も行われていない。ボストン氏は今後さらに、自身が蘇生させた微生物の遺伝子検査を研究室と現場の両方で実施していく方針だという。

ボストン氏によれば、今回発見した40種類の微生物株と幾つかのウイルス株はいずれもあまりに風変わりな存在であるため、最近縁種とは遺伝子的に10%異なる。そのため、最近縁種との間には、人間とキノコほどの差があるという。
 
桃源郷とも地獄とも言われるこの洞窟には巨大なクリスタルが(Mike Spilde via AP)

(略)

「今回の発見は、地球の生命がいかにタフかを示す新たな一例だ」とボストン氏は語る。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/21/news113.html



【【古代生物】推定5万歳の生命体をクリスタルの洞窟で発見!蘇生させて研究する方針】の続きを読む


ティラノサウルス(学名:genus Tyrannosaurus)は、
約6,850万- 約6,550万年前(中生代白亜紀末期マストリヒシアン)の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。大型獣脚類の1属である。
現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、地上に存在した最大級の肉食獣でもある。恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間生態系の頂点に君臨するが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。
骨格標本から推定される成体の体長は約11 - 13m、頭骨長は約1.5mで、その体重は概ね5 - 6tと推測されている(体重に関しては異説も多い)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ティラノサウルス 



1





【【古代生物】ティラノサウルスは鳥類説】の続きを読む

このページのトップヘ