おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    呪い

    96
    この間居酒屋で会社の同僚数人と飲んでたんだよ
    掘りごたつ式になった座敷があって、衝立で他のグループと仕切られているような所だ
    時間は9時頃で、それまで生ビールを大ジョッキ3杯にあと酎ハイをかなり飲んでたから、
    もしかしたら酔っぱらって幻覚を見たのかもしれない
    そこはあらかじめ断っておく

    トイレに行こうとして通路で靴をはいたときに、
    俺らの右隣で衝立越しに飲んでたやつらの様子がたまたま目に入ったんだが、なんか違和感がある
    何だろうと思ってよく目をこらしてみたら、
    テーブルの端に一人だけ色の濃い人がいて奇妙なことをやっている
    濃い人、というのがうまく説明できないんだが、
    そいつだけ回りの人や調度類よりくっきりはっきりしてて浮かび上がって見えるんだな
    画像の加工をやったことがある人ならわかるかもしれないけど、
    その人物の輪郭を指定して彩度を上げ、シャープをかけたような具合


    【【衝撃】人の背中にミミズを入れるヤバイおっさん。入れられた人が電車のホームとんでもない行動に出る・・・】の続きを読む

    446 2017/03/30(木)
    小学校の3年のときの話です。
    だから記憶があいまいなので、今、卒業アルバムを見ながら書いています。
    クラス替えがあって、最初の担任が30代前半くらいの女の先生でした。
    卒業アルバムは、当然ながら6年生のときの写真が中心なんですが、
    その先生方の集合写真の中に顔が見えます。転任されていなかったのでしょう。
    この先生は最初の9ヶ月くらいいて、それから産休に入られたと記憶しています。
    代わりの担任として、湊先生という若い女の先生がこられました。
    冬休み過ぎ、3学期のことでした。

    いえ、学級崩壊などといったことはありませんでした。
    わりとおとなしいクラスだったと思いますよ。
    新しい先生に反発したということもとくにはなかったと記憶してます。

    この湊先生は今にして思えばかなり変わった人でした。
    低学年の担任はジャージを着ていることも多いと思うんですが、
    いつも白いスーツで来られていたんです、
    小さい子ども相手で汚れることも多いでしょうに。
    それから、教室に大きな牛のヌイグルミを持って来られていました。
    あの牛乳をとる白黒のホルスタインじゃなくて、薄茶色の牛なんです。



    【【女教師】アレを生徒に着せるヤバイ先生「世界が平和になりますように」→町で大変なことになる・・・】の続きを読む


    産土神と神社の人が祝詞怖い話

    805
    友人の話。

    4ヶ月の子供が寝ているベッドからすごく楽しそうな笑い声がするから見に行くと、
    ベッドの下に猿みたいな顔で、黒目がちなのか空洞なのかわからない目をした小さな人がうずくまってたそうな。
    友人が咄嗟に子供の名前を叫んで駆け寄ると、「聞いた聞いた」と猿が言った。
    旦那から姑に話が行き、子供のお宮参りをした神社の人(名称失念)が来ることになった。
    神社の人が祝詞?を唱えると、掃除したはずのベッドの下に真っ黒で少し油ぎった大きな綿ぼこりが見つかり、それを焼くと「もう大丈夫」と神社の人は笑ったそうな。


    私も聞いた時ゾッとした、幽霊どころか妖怪じみてるよね。
    神社の人は「たまにありますが、産土神(お宮参りした所の神)様は強いので心配いらない」と言っていたそう。ウトメGJw
    その子はとても元気で名前もそのまま、もうすぐ1歳になる。
    綿ぼこりはその場で燃やして、燃えカスは神社に持って帰ったと。
    異様に臭かったそうだ。


    【【驚愕】神社の人が祝詞を唱えたら“とんでもないもん”が出てきた・・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
    546
    中学1年~2年で結構ひどい虐め受けてました。
    原因が容姿のことだったので、思春期の私にはとても辛かったです。
    (今はお化粧で隠せますが…その頃は家でも学校でもどんな理由であれ中学生にお化粧はNGでした。)
    陰口だったのが暴言⇒罵言と変わり、校舎横の裏道で小突き回されたり、お金を取られたりしました。
    その癖証拠が残るような事はされず、その上「チクったらもっと非道いメに遭わせるから!」と脅され、どうしようもなくて病んでました。
    図書館が安らぎだったのですが、学校の図書館は虐めっ子らが巡回してくるようになり、早退したり休んだりしては市立の大きな図書館で過ごしました。


    【【復讐】中学で酷いイジメを受けていた。逃げた図書館で古い呪詛を研究した本を見つけガチで呪ってみた結果・・・ざまぁwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    946
    私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。
    手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。
    祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。
    そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。

    私は母に虐待されて育った。
    飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻された。
    気が済むまで殴られる、安全ピンでお尻を刺される、冬に水風呂に入れられる。
    煙草を吸わされ背中を灰皿にされる、食事を抜かれる、家に入れてもらえない。
    私に向かって拳を振り上げる母は、喜んでいるように見えた。
    父は見て見ぬ振りをした。
    失敗して叱られ何度も蹴られる私の横で、テレビを見ながら食事をしてた。
    終わると、「お母さんの言うことをちゃんと聞きなさい」と言った。
    助けてくれたのは祖母だけだった。折檻の傷の手当てをして、一緒の布団で眠ってくれた。
    私をかばい、代わりに蹴られてしまったことすらある。それを見た時、恐ろしさに泣いてしまった。
    お前のせいで痛い目にあったと叱られるんじゃないかと思った。
    それ以上に、もう自分を嫌いになるんじゃないかと思って、恐怖で息が詰まりそうだった。
    二人で部屋に戻ると泣きながら祖母の足に湿布を貼り、自分は殴られても大丈夫だから、いいからと
    必氏に訴えた。何より祖母に嫌われるのが怖かった。
    祖母は私を抱きしめて泣いた。そしてそのまま一緒の布団で眠った。


    【【※超怖い復讐】祖母は獣に…母からのおぞましい虐待。父は見て見ぬふり⇒そんなある日祖母が “悪魔のようなあんなエグい事” を…私は嬉しい】の続きを読む

    このページのトップヘ