おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    哲学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    永遠の無とか怖すぎるやろ・・・

    何兆年経っても無の空間におるんや・・・

    一生目が覚めることは無い・・・



    2
    怖いンゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ


    3
    覚めるんだよなぁ


    4
    >>3
    覚めない模様



    222
    >>4
    覚めるんだよそれが
    意外とすぐ復帰します


    【【悲報】「死」さん、怖すぎる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    金は出したほうが入って来る


    7
    辞める・逃げる勇気は大事


    8
    正しいことが正しいとは限らない


    10
    自分のことしか考えなければ30くらいまで遊び呆けてその後は無責任に死ぬのが一番楽


    11
    長生きは損


    12
    幸せは思い込み
    辛さは現実


    【【名言・迷言】お前らが悟った “世の中の真理” 語ってけ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    15
    考えが古いだのなんだの言われようと
    家庭をもって子供を育てて一生懸命働くのが人類普遍の幸せだよ


    124
    >>15
    ただの洗脳だろ


    263
    >>124
    それを洗脳と思うように洗脳。


    19
    お前自身で考える事だ。人が決めることじゃない。


    291
    >>19
    そう、人と比べるという行為によって不幸のスパイラルに引き込まれていくのよね~


    【「しあわせってなんだよ?」皆と同じ事をするのが “幸せ” なのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/04/25(水)
    https://www.oricon.co.jp/special/51030/
    2018-04-25

    今なお国民的マンガ・アニメであり続ける『ドラゴンボール』(作・鳥山明氏)だが、ここにきて再び注目を浴びているのがヤムチャだ。『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』なる公式スピンオフ漫画が発表されたり、栽培マンの自爆で氏んだ場面がTシャツとして発売されたりと引く手数多。当初はイケメンキャラながら、いつしか気持ち良い位の咬ませ犬となったヤムチャが、なぜ注目を浴びているのだろうか?

    ■『ドラゴンボール』の第一期生 “強者のインフレ”により、悟空のライバルからかませ犬に

    ヤムチャはドラゴンボール第1巻から登場する由緒ある“初期メンバー・第一期生”であり、“荒野の盗賊”という設定で、子分はプーアル。得意技は狼牙風風拳とし、昔のマンガによく見られるロン毛+ワイルドなイケメンなのだが、女子の前だとあがってしまう(緊張してしまう)という見た目とは真逆の欠点がある。ブルマの入浴シーンを見れば「が………がぎ……ぐ…げごご…!!!」と動転、最初に7つドラゴンボールが揃った際は「オレは女の前にいってもあがらないようにしてもらうぞーっ!!!」と絶叫するなど、自らイケメンの道から外れていく。結局はブルマと意気投合し、孫悟空が武天老師(亀仙人)のもとで修業する道を選んだのに対し、ヤムチャはブルマとともに西の都に向かい、当初の「ヤムチャが悟空のライバルになるのでは?」(すぐに悟空に負けていたが…)と期待されるポジションを早々と捨てることに。

    約1年後、ヤムチャは第21回天下一武道会に自慢のロン毛を切った爽やかな都会風の短髪姿で登場するも、1回戦でジャッキー・チュン(亀仙人)に風で飛ばされて場外負け。どうもこのあたりから1回戦負けキャラが定着するようだ。

     その3年後にも第22回天下一武道会に出場し、天津飯の前で「きえろ、ぶっとばされんうちにな」と息巻くも、あっさり足を折られ白目をむいて惨敗。第23回天下一武道会でもシェン相手に一回戦負け。さらに、サイヤ人戦ではついに初めての“戦死”。それも「栽培マン」というベジータの取り巻き(仮面ライダーのショッカー的な小さい爬虫類型エイリアン)の群れの自爆に巻き込まれるという最高に切ない負けを喫した。

    その後は「ちょっと強そうな敵(決してボスキャラではない)の実力を測るための負けキャラ」というポジションに追いやられ、あげくの果てに物語の終盤の魔人ブウ編では、戦う描写さえ許されず、「チョコレートにされて」食べられてしまうのだった…。 (略)


    ■その軌跡はまるで“俺”の人生? 親近感と共感を呼びまくる“人間らしさ”

    そんなヤムチャの“中の人”(声優)は、あの『機動戦士ガンダム』のアムロや『巨人の星』の星飛雄馬役で知られる古谷徹。古谷は、「最初に出てきたときはすごくカッコよくていい役だなって思っていたのが、いつの間にか、 自分より強いキャラが出てきてだんだん端っこに追いやられていくという、寂しさを味わっていって…。でも、ヤムチャを大好きな方もいらっしゃって、そういった方々の声をいろいろ聞いて、改めて見直したら、『ヤムチャって良い役だなあ』と思い直したんです。すごく親近感も沸くし、笑いも取れるし。イケメンで、おしゃれでもあるし、盟友のプーアルもいる。魅力的なポイントが多いんですよね。今では、ほんとに大好きなキャラクターです」と話している。 (略)

    小さいころは、「将来は孫悟空になるんだ!」と思っていたとしても、中高生になって「やっぱ悟空は無理だよね。ていうか、ベジータのほうがカッコよくない?」と主人公になれない自分に気づき、ライバル役に存在意義を見出したりする。さらに大人になると、「俺って、もしかしてヤムチャでは……?」と思うかもしれない。

    (続きはソースをご覧下さい)
    https://www.oricon.co.jp/special/51030/

    8
    ヤムチャより天津飯の扱いがひど過ぎて泣ける


    30
    >>8
    最後まで見せ場あったやん


    49
    >>8
    天さんはセルの足止めくらいには使える


    【【ドラゴンボール】“ヤムチャ的生き方“ が再評価!ヤムチャは“俺”であり、そして“君”でもある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    日常生活で見えないヒエラルキーを感じるんやが


    2
    生まれたときから不平等だぞ


    3
    >>2
    やっぱりそうやんな



    4
    権利の平等やで


    6
    平等じゃないで
    当たり前やろ

    ただ権利っていうものは平等にある
    最低限の生活って奴や


    7
    >>4
    難しいンゴね…
    生存権とかは全人類が持ってるんか?
    紛争地域の子供たちとかは大丈夫なんか?



    【人間ってホントに平等なんやろうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ