おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    949
    長くなりますが、書き込みさせていただきます。

    私は友人の間では「幽霊避け」扱いされています。
    行ったら絶対何かある!と言われているような心霊スポット巡りに
    私が同行すると、何も起こらない。
    自サツ者が出た部屋に入居した友人が霊現象で悩まされてた時も、
    私が泊まりに行ったら、それ以降霊現象はぴたりと止みました。
    オカルト好きな友人からは「よっぽど強い守護霊がいるんだね!」と
    言われますが、私の後ろにいるのは守護霊というよりも、
    怨霊に近い存在じゃないかと思ってます。
    そういうモノに守られてるのかな?と自覚したのは、子供の頃です。


    【【こんな守護霊ってあり!?】“禁忌の山”で化け物の封印を解いてしまったことで「強すぎる怨霊」がこうなります・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    学校で配られた夏休みのしおりには
    「地蔵山に入るのは禁止です。地蔵山で遊ばないようにしましょう」
    と書かれていたが、俺たちにとってそれはGOサインと同じだった


    7
    地蔵山は、特に地元の年寄りに畏怖されていて、「あの山は崖があって危険だ」とか
    「野犬が巣食っている」とか「祟りがある」「化け物がでる」「神隠しにあうぞ」
    色々な噂が主に年寄りによって流されていた


    【【※山へ入るな!】あの夏休み、俺たちはタブーをおかして「禁忌の山」に登った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    366: 本当にあった怖い名無し 2003/04/11 06:18

    今の年代の人に、狩りをした事のある人は少ないでしょう。

    昔、私は祖父に連れられて、狸を捕る為に数度、
    山にトラバサミを仕掛けに行った事があります。

    山にも色々な約束事があります。
    うろ覚えですが、
    女山でしたので立ちションベンは、女神様に見える様に頂を向いてする事
    (大事な部分を見えないように隠すと女神様が怒って、山に遭難します)とか、
    お弁当は半分食べたら残りは家まで持って帰る事とか、
    狸の後足は、1本は女神様に御供えする事とか、
    他にも細かな注意が沢山あったはずでした。

    ある夏休みの日、
    祖父の家に遊びに来ていた私は、川に泳ぎに行こうとして、
    気が付くと何故か山の中に居ました。

    昼御飯前に出たはずなのに、あたりは真っ暗で、訳が判らず泣いてしまいました。

    どのくらい泣いていたでしょう、
    辺りがスゥ~っと明るくなって、
    顔を上げると、目の前に青い光が浮いていました。



    【山の不思議・怖い話『山の神に対する考えが変わった出来事』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61
    富士山の8合目あたりで全身真っ白の人とすれ違う時挨拶をしたらヤバイらしい


    145
    >>61
    こーゆー短いやつ好きだな


    64
    だれもいないはずなのに挨拶されたりとかはたまにある
    聞き違いだろうけどちょっとこわい


    79
    前に進んでるはずなのに2時間前に通った場所に戻ってた時は怖かった



    167
    神様が悪霊並みに害を及ぼす山怖エピソードが多いけど、本当に神なのか?


    323
    >>167
    日本人は古来より「手に負えないもの」を神として奉る事で難事を乗り切って来た。

    例えば、癇癪を起こして暴れまわる人を押さえつけても更に暴れるだけだが、
    好きなようにさせ、要求を全て叶えると勝手に暴れるのを止める、みたいな感じ。
    菅原道真もそんな感じで神になった。


    【【オカルト部】お前らが知ってる「山であった怖い話」してけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    752 2018/05/17(木)
    父の実家がドド田舎で、一部に土着信仰?がある村だった。

    私、父、祖母三人家族で、父は住み込みで働いてたから祖母と二人暮らし。
    GW辺りになると、毎年、米を和紙で包んだ人形を作っててたんだけど、それには必ず名前を胸に書いてた。)

    ルールとしては、知ってる人や家族の名前はダメ。
    何かある訳じゃないけど、縁起が悪いって事だった。
    (面識がない名前ならハワードとかマイケルでもおkwww)
    んで、その人形を裏の山の奥にある、祠っていうか穴の入口に供える。

    何でも、昔は人が氏んだら穴の奥に、納めてたんだとか。

    仏教やら火葬の定着で祖母が子供の時には、廃れた風習だけど、その名残で人形を毎年そなえてるらしく、山の神様の餌になるだとか、遊び相手だとか色々言われてた。
    (続く)



    【【いじめっ子は山神様の餌に】土着信仰残る『ミスミソウ』みたいな田舎で禁忌を破り、私をいじめる女に復讐した話】の続きを読む

    このページのトップヘ