おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

山の怖い話

4952010/10/27(水) 16:25
これは今現在、俺も信じきれていないので、他人は誰も信用しないと思う。
親父の大法螺かもしれないし、幻覚、幻聴の類かもしれない。
しかし、目の前で様子を見ているのでまるで嘘とも思えない。
なんともいえない妙な感じがしているので出勤前に書き込んでみる。

親父は茸採りが趣味なんだ。
毎年8月のお盆過ぎ頃から11月に入る位まで、天気が良いと早朝山に入る。
スーパーのレジ袋をぶら下げて、時期ごとに一定のコースをまわる。
8月22日の日曜日も朝から山に入り、8時位に帰宅した。
俺はちょうど起きたばかりで、親父が山に持って行ったビニール袋から
チチタケ、タマゴタケ、トンビマイタケなんかを出しているところだった。

あまり採れてねえなと思いながら、洗面所で顔を洗っていると、
「なあ、かんなめのまつりって何のことで、何日か知ってるか?」と聞かれた。
「知らん。」と答えると、
「ちょっと調べてくれねえかなあ。」と言うんで、ググってみた。

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)
は宮中祭祀のひとつ。五穀豊穣の感謝祭にあたるもので、宮中および神宮
(伊勢神宮)で儀式が執り行われる。
宮中祭祀の大祭で、その年の初穂を天照大御神に奉納する儀式が執り行われる。
かつては旧暦9月11日に勅使に御酒と神饌を授け、旧暦9月17日に奉納していた。
明治5年(1872年)の太陽暦改暦以降は新暦9月17日に実施するようになったが、
これでは稲穂の生育が不十分な時期になってしまうため、明治12年(1879年)
以降は月遅れで新暦10月17日に行われるようになった。

で、「多分これだろ」と上記のWikiの内容を印刷してやった。
何かぶつぶつ言ってるんで、「何か用事でもあんのか?」と聞くと、妙な話を始めた。



【【予言】山頂で「久方ぶりに総出で戦に出にゃならん。こいつを頼む」と謎の声がし、味覚を失った親父→数か月後「これから大難がおこり、山に空きができ忙しくなる」と同じ声がして…】の続きを読む

553
私は登山が趣味で、一人でもあちこち行くんですが・・・

縦走中、登山靴の底がぬけてしまい、下りがかなり遅れて日が暮れてきてしまいました。
本当は下山箇所の環境センターから夕方発のロープウェイに乗って帰宅する予定だったのです。

自分のクマよけの鈴だけがカラン、カラン、と辺りに響いてすれ違う人も無く、寂しい岩場を一人で降りていきました。
辺りが真っ暗になったころ、ようやく下山まであと1キロの温泉場に到着。
ここは普段、登山者が足湯などをして楽しんでいる場所です。
もうすぐ下山だし、ちょっと寄って行こうと温泉場を懐中電灯で照らしたら・・・

裸の女の人が温泉の岩場に座っているんです。
もう全身総毛だちました。
こんな所に人がいるわけないからです。
この山の周囲は国立公園で全く人が住んでいませんし、住んでいたとしても環境センターの男性くらいなのです。
もし女の人がいたとしてもクマの出るこんな場所に裸でくつろいでいるなどありえません。
懐中電灯で照らした時、女が顔をあげたように思いました。

私はもう足の痛みもなんもかも忘れて下山箇所の環境センターまで逃げました。
環境センターでは登山者名簿は私が最後で皆下山しているし、縦走者も全て下山が確認されたというのです。
慌てていたから岩場の何かと見間違えたのだろうと言われ、自分でも半信半疑のまま寝袋を借りて朝を迎えました。
ついでに下山が遅くなった事、装備が充分でなかったことを厳しく注意されました。



【【ゾッとする】夜に下山中、懐中電灯で照らしたら…俺「え!?」温泉の岩場に“一糸まとわぬ姿の女”が…全身総毛立ち、足が痛いのも忘れ急いで逃げた…男「知らないのか?アレはな…」】の続きを読む

104
山麓生活中の俺が話しますよ。

家の周りの山の中には、祠や社殿が結構ある。
大抵は道沿いにあるが、たまに人目の付かない薮の奥にあったりする。
俺も全部は把握していないので、今でも散歩中に新しいものを見つけたり。
半年程前にも、小さな社を見つけた。
その社は、山の斜面にクネクネ続く舗装された車道沿いにあって、車で走って
いると見つける事は難しい。
周りも竹薮に囲まれていて、俺が見つけたのは本当に偶然だった。
賽銭箱があったので拝殿だと思うが、それにしては少し小さい。
俺が2メートルくらいまで近付くと、社の中からオッサンが顔を覗かせた。
丁度、社の木戸が少し開いていて、そこから顔だけ出している形だった。



【【ゾッとする】山中の小さな社の中から“オッサン”が顔を出した「ooか?」俺「いいえ」気味悪くて逃げたら杉の上に男の顔が…「ooだろ」俺の名前だ!怖い…すると男は…】の続きを読む

225 2017/01/18(水) 14:19
もう40年くらい前、中学2年生だった頃
今でも鮮明に覚えている
地元はとんでもない田舎で本当に山の中にあった。
友達のNと一緒に源流にイワナやアマゴを釣りに行くのが楽しみで、
週末の度に夜明けから夕方まで山奥で釣りをしていた。

五月の初め、前日にNと約束をしていた俺はまだ暗いうちに沢の入り口でNを待っていた。
いつもならNが先に来ているくらいだったのに30分待ってもNは来ず、
不安になってNの家に行ってみた。
Nのお婆さんが家の前の畑に出ており、Nはどうしたのか聞いてみると、熱を出して寝ているという。少し悩んだが、釣った魚をNを食べさせたいと思い、1人で源流へ登った。

提灯釣りといって、2メートル程の仕掛けを竿を伸ばしたり縮めたりするとこでポイントへ投入する釣り方だ。
いつもならイワナが飛び出してくる落ち込みや深くえぐれた岩陰を狙うが何故か全く魚っ気がない。



【【戦慄】提灯釣りへ。全く釣れず上流へ進むと…ゾッとした。音が消えた?異常だ!ヤバい逃げよう!!すると、頭を押え込まれた。助けて!恐怖で泣いてると前方に大型の“アレ”が現れ…】の続きを読む

708
ふと思い出したので書かせてもらう
小さい頃に俺は両親の仲が悪くて母方の祖父母に預けられてて、子供が少ない村だったから一人で遊んでたんだ。
5歳くらいの秋だったと思うけど、いつものように婆ちゃんの昼飯食べて近くの野原で遊んでたらボールが草むらの中に入っちゃって追っかけて行ったら迷ってしまったんだ


【【迷い家】山中の屋敷に日本人形のように美しい女が…ビビって固まる俺。女は俺のボールを手に取ると微笑んで…→気が付くと野原に。ボールがなければ俺、“食われてた”らしい・・・】の続きを読む

このページのトップヘ