おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    幽霊

    数年前、東北の某市の市民プールでバイトをしていた時の話。

    一日の営業を終え片付けをしていて、俺は忘れ物などがないか、
    男子更衣室のコインロッカーを一つ一つ開けて点検していた。

    で、その内の一つを開けたところ、
    一辺30cm程の立方体の中にオジサンがぎゅうぎゅうに詰まっていた。

    横向きに体育座りのような姿勢で、
    太股と胴体の間にありえない角度に首を曲げて、頭をねじ込んでいた。
    その頭がどうやってかクルリとこちらの方を向き、
    俺のほうを見ると、「何やってるの?」と聞いてきた。


    【【ちょw】市民プールでバイト。30cm程のコインロッカー開けるとそこに…“オジサンがぎゅうぎゅうに詰まっていた”→俺「ひぇええ!!」同僚「ああ、いるよね。オジサンw」】の続きを読む

    1 2019/04/18(木) 13:40
    社会学者の古市憲寿氏が18日、フジテレビ系「とくダネ!」で、事故物件に関する特集で、幽霊に関する持論を述べ「人間と比べてそんなに怖いわけでもない」と語った。

    番組ではワケあり不動産を専門に扱う「成仏不動産」を特集。孤独死や自氏などがあった事故物件の値下がり率や、告知義務はいつまで生じるかなどを紹介した。

    伊藤利尋アナウンサーから「古市さんは(事故物件は)いい?」と聞かれた古市氏は「仮に、幽霊がいるとするじゃないですか」と事故物件に幽霊が出ると仮定した上で
    「幽霊に何が出来るかと考えたら、せいぜい扉開けるくらい。
    幽霊が出来る事って、たかが知れてる」と語り「だから、そんなに怖がらなくてもいいかなと」と持論を語った。

    これに小倉智昭は「夜な夜な、あなたの胸にのしかかってくるかもしれない」と言うと、
    「でも、乗るぐらいならお子さんと一緒に住んでいる人は乗ってくるだろうし。人間と比べてそんなに怖いわけでもないのかなって」と話し、スタジオの出演陣も苦笑していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16334841/
    2019年4月18日 11時59分 デイリースポーツ



    2
    住んでから言えよ。
    理屈じゃなくてまず実践。


    3
    強がり


    4
    明るい幽霊が居たっていい
    話し相手になってくれよ


    366
    >>4
    明るい奴はすんなり逝っちゃうでしょ
    でも最近はモテないのとかオタクもいそうだから
    楽しく話せそうなもいるよな


    818
    >>4
    幽霊だって人を選ぶよ


    5
    こいつは意外とビビりそう


    872
    >>5
    芥川賞なんてどうでもいいとか言っておいて、いざ落ちたらかなり動揺してたしな。
    強がりする人。


    【【事故物件】古市憲寿さん「幽霊が出来る事はたかがしれてる」とイキるwwwwwwwwwww】の続きを読む

    283
    思い出した工事関係者から聞いた話

    幽霊が出ると噂のある踏切がある
    その踏切、自分が知る限りでは死者が出た事がない(目の前が駅なので、スピード出ないし)が、何故か目撃者が絶えない
    ある時、その踏切手前を工事する事になった
    最初快調だったのだが、次第に大きめの石が出て来て、困難になる

    そのうち、設計では何も無かったはずの場所で何かを引っ掛けた
    よく見ると古く大きな木の箱
    縄文時代の遺跡や、塚の見つかる地域なので現場に衝撃が走る(工事が中断、または中止になる)
    けれど良く見れば、そんなに古くない
    スコップで掘り返すと、それは木棺だった
    周りを見渡すと、墓場があるのも見えた
    どうやら墓場を潰して道にしたが、移動しのこしがあったらしい……その数二十数体
    段ボールやら、黒いゴミ袋にグール、スケルトン、デュラハンと分け回収
    とりあえず近くの寺に持ち込み、迷惑されたらしい(結局その寺の管轄だった)
    お祓いの用意もしたが、人が集められなくて一週間ほど待つ事になった


    【【ゾッとする】「幽霊の噂」がある踏切工事。“ヤバイもの” が出たのでお祓いすることになり、その間、現場は中断なのだが、なぜか休みのはずの作業員が掘り出しにくる…なぜなら…】の続きを読む

    557
    俺自身は零感で経験0なんだがフィリピン人の友人が割と観る方らしく
    色々聞いたから試しに一つ書いてみるわ
    日本語と英語の混合会話だから内容を正しく伝えられていないかもしれない
    フィリピン行ったことないし施設や表現なんかは日本的に置き換えるから脳内変換してくれ

    フィリピン友人(仮名で以下ジョシ)が当時日雇いで辺境の病院の雑用係りとして働いていた時のこと
    日本の様に厳密に管理された環境ではなく、野戦病院に近い様な職場だったらしい
    患者の中でも年寄りや幼児の死亡率が高く、身内の居ない無縁仏やそのまま捨てられる子も多かった
    そういった仏をまとめて安置と言うか供養する共同墓地の様なものがあり、
    ジョシはそこの管理を主に任されていた
    それは野外ではなく病院の地下にあり、
    畳というか茣蓙の様なものが敷かれいつも薄暗かったとのこと


    【【戦慄】フィリピンの友人「チャナクン!チャナクン!」辺境の病院で働く友人が “見た” のは、ザーッザーッと床を這う赤ん坊→恐怖で叫んだらまさかの・・・】の続きを読む

    819
    オカルトだしここでいいか、復讐というには微妙だけど書き捨て

    実家が嫌いだったんだよ
    親は毒だし、毒(独身の方)兄、出戻り糞姉に加えて糞ガキまで居やがる
    古いボロい家で暗いし寒いしトイレはボットンだしいろいろ酷かったけど、
    それは慣れれば割りと気にならない

    そんなことより家族が嫌だった
    だから糞姉が戻ってきて部屋追い出された時は辛かったけど嬉しくもあった
    いつか出ていこうと思って、パッと見は物がたくさんあっても全部捨てていいものにしてた
    だけど嬉しそうに出て行くとたぶん引き止められるからさ(経験でわかる)
    泣きながら哀れみ(うちに置いてください、行くとこないんです)を乞うた
    そうしながら糞ガキの部屋なんか要らないだろって失言したりして追い出されるよう仕組んだ
    おかげで見事自由になった!

    んで、出て行く時にこっそりと婆ちゃんの位牌と小さな仏像だけ持っていった
    婆ちゃんは優しかったけどボケて酷い扱いうけててかわいそうだったけど、俺にはなんも出来なかった
    仏像は婆ちゃんが拝んでたもので、どっちも仏壇の裏の箱に無造作に放り込まれてたの知ってた
    かわいそうだったから、俺だけでも供養しようと思って持ち出したんだ

    俺は追い出されやすいように&毒のピンハネ避けにあえて無職になってたから、早速毒親持ち仲間のとこに転がり込んだ
    んですぐそいつらと仕事
    というか実は仕事辞めてすぐにこっそり手伝ってたからお金はとりあえずあった
    住むとこと探して実家のことは忘れて仕事仕事仕事
    おかげでなんとか食っていけてる



    【【衝撃のオチ】実家が糞で家を出た。その時大好きだった婆ちゃんの “位牌と仏像” も持ちだした→すると、兄「うちがヤバい…家族も狂った」まさか、それって婆ちゃんが言ってた…】の続きを読む

    このページのトップヘ