おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    忌み地

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    89 2008/06/14(土)
    とある一家が一族が昔から住んでいる地域のとある土地を購入。

    そこから運命が狂いだしたようで
    引っ越し先で以前よりの家業を続けようとするも
    地域の同業者の妨害にあい、仕事は前の場所でやむなく営業続行。
    引っ越してすぐ同居の祖父死亡。
    同業の妨害者が死んだためやっと家業を自宅1階で始めたが
    1年も経たずに父親が病により休業。
    その後10年近く父親入退院繰り返して開店休業状態。
    息子・娘は家業を継ぐ資格をとれず。
    仕方無しに他人に1階をテナントとして貸し出して半年後、父親死亡。
    現在、息子ニートで母親は金の亡者の基地外で
    店子に嫌がらせするが店子は順調に営業中。

    ・・・・身近にこんな一家がいますが土地に嫌われてるんでしょうかね?
    そもそも土地に嫌われてるのになぜその土地に住むご縁ができるのかが不思議だ。

    もっと不幸にしてやろうと土地がその一家を手放さないのだろうか。


    【【忌み地】「もっと不幸にしてやろう」と土地がその一家を手放さない、とでも言うのであろうか・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    820
    前に働いてた会社での話。
    会社を移転する計画が出て、候補地の土地買収の手伝いをさせられた。
    用地の大半はスムーズに取得出来たが
    一区画だけボロボロの廃屋が建ってる土地があった。
    金貸しとかから抵当付けられまくってる
    面倒な土地なんだろうな~と思って、登記簿を見てみたら
    まっさら綺麗なもんだったんだけど
    短い期間に所有者が変わりまくってる。


    【【霊能者でも無理!!】所有者「本当に買ってくれるんなら売るけど、あそこは祟られとるぞ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    187
    人生で心霊現象らしきものは川遊びと今から書き込む体験のみの0感です。
    そんな0感でも明らかにおかしいと分かる幽霊屋敷に住んでいたときの話です。

    家鳴り、階段上り下りはしょっちゅう。
    人がいないのにテレビが勝手につく。
    出した覚えのない水が出っぱなし。
    0感の私達住人より敏感な出入りする人達は、自主的に盛り塩三昧。
    商売繁盛の神棚の為に呼んだ神主が商売繁盛どころじゃないと訪問を泣いて嫌がる。


    【【出る家】神主が泣いて嫌がる、盛り塩三昧な幽霊屋敷に住んだ結果→天井ヤバすぎ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    315 05/02/12
    よし18年ちかくだれにも話したことない話をしよう 
    実話なので地名は伏せます 
    直接かかわったわけではないので 
    何がどうという詳細はよくわかりません 



    325
    こわいかどうかはわかりませんが
    全部事実です
    おちもなにもありません



    319
    現在はもうその土地を引越して私はすんでおりません
    いつのころかあるのかは知りません。
    私が小学校に通い始め物心ついたころにはその 家 はすでにありました。
    結構田舎で学校に通うのにあぜ道を毎日かよっていました
    その途中にある一軒の家の話です。
    その家は昔からあるというわけではなく、和風建築の割とあたらしい家でした
    小学校1年~5年生までの間はなんの噂もなく、私も気にとめておりませんでした。
    5年生の夏の時期にA君が転校してきてから、その家が、なんなのかわかりました。

    その家の話を書く前にひとつ予備知識として、その家の
    お向かいの家について説明しないとなりません。


    【【リアル呪怨な三角屋敷】実話です。向かいの家にはなぜか“祠”、霊能者が入って即ぶっ倒れるヤバい家がある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/01/21(日)
    (略)土地に関する不思議について、不動産会社に勤務するTwitterユーザーの矢島さんが紹介し注目をあつめています。矢島さんはまもなく不動産業界から退くということで、思い出話としてこれまで経験した数々のとんでもトラブルを紹介しています。

    ■あくまで迷信だけれど……土地にまつわる不思議

    (略)

     そして今回最も注目されているのが「土地にまつわる不思議」。上司から「やめとけっていわれた場所」として5つの条件を紹介しています。

    ・水が流れ(概念)が悪い家。
    ・自殺・病死は別に良いけど、押し入り系の殺人事件の家。
    ・消防署、警察署、病院の直ぐ近く。
    ・自分の直感でヤバいと思った家、本能大切。
    ・寺は別に良いけど、神社の跡地だけはヤバい。神様系はマジでヤバい。

     水の流れは、例えば敷地に手入れされないまま放置された古井戸だとかある場所。これについては「水の流れは割と重要らしくて、水が流れず留まる家や部屋はやめとけっていう話を昔された。」とも語っています。

     水は一か所にたまると濁ると同じくで、不浄な場所には不浄なものがあつまり濁るという考え方もあるのでそういう概念から来ているのかもしれませんね。

     またこの中で最も興味を集めていたのは、「寺は別に良いけど、神社の跡地だけはヤバい。神様系はマジでヤバい。」という項目。これについてはいくつかのリプライが寄せられており、特にお寺生まれだという、たつ@トラック泊地提督【甲10】さんの意見「お寺は建物が仏様への窓口で土地はおまけ」「神社は建物がおまけで土地が本体」には千を超えるリツイートがつけられ、注目されていました。

     神社の場合には、石や山、場所などその場そのものをご神体としているところが少なくありません。いくら跡地といえど、場所を大切に残しているところも珍しくなく、建物はないものの「禁足地」として神社が管理していることもあります。土地や場所、そこにあるものが神様だとすれば確かに建物がなくなったとはいえ、神様はまだそこにいるという考え方もできますよね。

    (略)

    おたくま経済新聞:https://news.nifty.com/article/technology/internet/12226-297675/

    2
    > 消防署、警察署、病院の直ぐ近く。

    うちだわ
    これに市役所と郵便局本局がセットでついてるけど
    生活はなかなか快適よ
    二重サッシだからピーポーもあんまり気にならないし


    529
    >>2
    大きな警察署は拘置施設があるから
    サツ人犯など犯人を一時拘置してて逃がしたりする可能性がある
    だけど最近は知らないから住む人も多いね
    交番なんかは安全だろうけど


    45
    >>2
    霊がついて来るって意味だと思う
    病院は、人が大勢氏んでるし、警察はサツ人事件、消防は焼死
    署員が作業後に、連れて帰ってくるんだよ


    3
    >寺は別に良いけど、神社の跡地だけはヤバい。神様系はマジでヤバい。

    神道はマイナスをどうにかする宗教だからな
    関わる必要がなきゃ一切関わるべきじゃない


    545
    >>3
    違うで
    神道の神様は良くも悪くも人外の大きな存在が祀られる
    山や川の自然や人間もすごく偉い人や逆にすごく悪人なんかも祀る
    規格外の存在をお祀りして大人しくしていただくのが神道


    53
    >>3
    面白そうな話だね
    もうちょい詳しく聞きたい


    121
    >>53
    神社は全部怨霊の封印施設
    神社跡ってことは呪いがむき出し


    163
    >>121
    それがマイナスを~ってことなのか
    色々話がアリそうだね
    さんくす


    【【土地の不思議】「こういう場所はヤバイ!」不動産屋が語るやめとけな5つの条件とは→】の続きを読む

    このページのトップヘ