おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    時空のゆがみ

    656
    激務が続いてほぼ徹夜に近い仕事が3日ほど続いて、
    夜に中央道で仕事先の岐阜から埼玉まで帰る道中のこと。

    小仏トンネルで事故通行止めで相模湖ICで降ろされるわけだったが、
    20号の渋滞を嫌ったのと、若い頃走り屋してたので妙に夜の峠を走りたくなって
    上野原で降りて、陣間街道の和田峠を目指すことにした。

    夜な夜な峠の頂きあたりで缶コーヒーでも飲んで、峠かっ飛ばして
    八王子西から圏央道に乗ろうという目論見だった。

    が、道中、徹夜の蓄積かどうにも眠気を抑えられず、
    神社付近で車を停めて仮眠をとることにした。
    23時頃であっただろうか・・・。
    5月半ばで車で寝るにはちょうど良い気候であるにもかかわらず、
    寒くてすぐに目が覚めた。
    俺的には数十分寝た感覚だったが車の時計を見ると既に1:30。

    ヤバい、次の日もやることがたくさんあるので急いで、峠を抜けることに。
    結構なスピードで峠を昇るが、一向に上りきる気配もなく、
    ジュースの自販機もちょっとした駐車場もなく不安になりながらも走り続けた。

    走っても走っても同じ峠を繰り返しているような気がして、
    いったん停めて閉じてたカーナビを開いてみた。
    すると、何故か仮眠していた神社の前あたりを指している。
    GPS異常だろう(たまに起こる)と思って、ナビを見ながらさらに車を進めた。
    が、しかし、一向にナビが反応しない・・・。
    完全に壊れたと判断し、ナビをあてにすることをやめた。


    【【アンビリ体験】時空間を超えて会った男女→2週間後、信じられない驚きのニュースが!私は「本当に神様ってのがいるんだな」と確信した】の続きを読む

    えっと、友人Tの話、彼はとにかく不思議なヤツだった

    まず、身体が異常に柔らかい、酢を毎日飲んでいた、そして
    奇妙な拳法をやっていた、後にそれがジークンドーってブルースリーの開祖の
    拳法だと分かるのだが。
    Tは弓矢を作ってハトを仕留めたり、おじいちゃんは犬を軍用犬の用に
    訓練したり、ある日遊びに行ったら、弟はトンファーを持ちTはヌンチャクで
    戦っていた、まあ練習なんだろうけど、なじみの無い俺からすると変な光景でした。

    ここまでは良くある普通の変なヤツだと思うが



    【【時空のゆがみ】日常的にテレポートしてる友人のT。彼はとにかく不思議なヤツだった・・・】の続きを読む

    祖母の話。

    まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出かけたんだそうな。

    ところどころにバラック小屋が建っているだけの道を歩いていたとき、急にあたりの様子がおかしくなった。
    いつのまにか周りは建物がいっぱい建っていて、目の前に巨大な駅があった。
    そして駅から白くて煙突もなく、流線型見たことも無い形の汽車が出てきた。
    唖然として眺めているうち、気づいたらもとの道にいたそうだ。
    後に新幹線が登場したとき、あのとき見たのはあれだったんだ、と思ったそうだ。



    【【アンビリ体験】未来に3度もタイムトラベルした祖母が見た“日本の未来の姿”とはーー!?】の続きを読む

    689
    小学生の頃に放課後の図書室で
    本棚を見渡して読みたい本を適当に見繕っていた。
    面白そうな本が有ってそのまま数ページ立ち読みしてたら
    元々静かな場所だけど、何かやたら静かになったなーと思って周囲に目をやると
    誰もいなくなってた。

    あれ?あれ??どうしよう…もう図書室閉める時間だったの?と焦って本を棚に戻して
    出口に向かおうとしたら、窓から真っ赤な空が見えた。雲なんてなかった。
    夕日にしてはこんなになるのおかしいって思ってそのまま窓の外を眺めてたんだけど
    外からぼそぼそ喋る数人の声が聴こえて来たので、
    反射的にヤバいと思って本棚の影に隠れて様子を窺っても誰の姿も見えなかった。
    その時、戦争が始まったんだ、ここももう危ないパッと頭に浮かんだ。

    怖くて目を瞑っても頭に赤い空がずっと浮んで見えてて嫌だ嫌だ見たくないって
    頭の中で呟いたら、
    「Aちゃん?その本面白いの?」て友人の声がして
    気付いたらいつもの図書室に戻ってた。


    【【異世界】「戦争が始まった…」図書室で本を読んでたら私以外の人が消え、空が真っ赤な色に…「嫌だ嫌だ見たくない!!」外からナニカの声も聞こえてきて・・・】の続きを読む

    476
    読みにくいかも知れませんが聞いて下さい。

    僕は某コンビニの夕番(深夜3時まで)をしていました
    定時になったので、大好きなタブルクリームのシュークリームを買ってコンビニの外にとめてる原付に座った時
    全く知らないおじさんが、僕の肩を叩いて

    「すいません、もしかしてあなたかもしれない」

    と言われ
    その瞬間、僕は頭が割れるような痛みに襲われ、風を切るような音がしました。


    【【異世界】目の前には軍服の男…「もしかしてあなたかもしれない」次の瞬間、僕が連れてこられた世界はとんでもない所だった・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ