おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    歴史

    日本人、世界トップクラスの戦闘民族だった

    1 2019/05/09(木) 10:44
    有史以来ずっと戦争してるやべえ民族
    大きな戦いがなかったのは平安時代と江戸時代の一部と太平洋戦争終結後のみ



    2
    しかも江戸時代は武士のサツ人が容認されていて近づいてくる外国船は問答無用で攻撃されるヤバい時代


    3
    【飛鳥時代以前】
    189年頃 倭国大乱(西日本での大規模な内戦)
    240年頃 九州での大規模な内戦
    260年頃 邪馬台国と狗奴国の大規模な戦争(九州での内戦)
    310年頃 大山守皇子の乱(京都での内戦)
    330年頃 新羅と戦争(朝鮮半島へ出兵)
    370年頃 新羅と戦争(朝鮮半島へ出兵)
    *391年~ 高句麗と戦争(17年戦争、朝鮮半島へ出兵)
    *463年~ 吉備氏の乱(九州で内戦)
    *478年~ 高句麗と戦争(朝鮮半島へ出兵)
    *479年~ 星川皇子の乱(岡山で内戦)
    *527年~ 磐井の乱(九州で内戦)
    *534年~ 武蔵国造の乱(関東で内戦)
    *587年~ 丁未の乱(奈良で内戦)
    *600年~ 新羅征討(朝鮮半島へ攻め込む)
    *643年~ 奈良での内戦
    *658年~ 北方遠征(東北で内戦)
    *660年~ 北海道で内戦
    *663年~ 白村江の戦い(朝鮮半島へ攻め込む)
    *672年~ 壬申の乱(日本各地で内戦、古代日本の最大の戦争)



    4
    おかけで戦争アレルギーやね


    【【ファーw】日本人さん、世界トップクラスの「ヤ バ い 民 族」だったwwwwwwwwwww】の続きを読む

    【起源】韓国作家が1962年以前に創作した「サウラビ」という言葉が歴史小説などで使用され「侍=サウラビ説」の原型となった

    1 2019/05/08(水) 11:20
    ■サムライの起源①サムライとサウラビ

    私たちが日本と聞いて思い浮かべるものの一つにサムライがある。
    髷を結ったヘアスタイルで、着物や和風の鎧を着て、日本刀を腰に差した武士の姿が一般的に考えられるサムライのイメージである。
    実際、武士は少なくとも近代以前には約200年に渡って日本の支配層の役割を果たしており、当時の社会でもいわゆる武士道精神が強調されて、武の国という自国のイメージが根強く埋め込まれていたため、そのような認識は決して間違ったものということはできないだろう。

    このように、日本を代表するサムライが、実は韓半島に由来したとすれば、興味深い話ででる。
    ところで、それは実際に提起された。

    三国時代に武士や戦士を指す古語が「サウラビ」であり、サムライという言葉自体、まさにこのサウラビから来たものであるというのだ。
    こういった主張が一時期かなり流行していた。

    例えば国内で2002年1月に公開された映画「サウラビ」(監督ムンチョングム、製作モーニングカームフィルム)は、「偉大な民族魂の復活」を標榜し、百済のサウラビは日本の武士の源流だったという考えをもとにして作った映画だという。
    この映画が国内で公開される直前の2001年12月に作成された「MOOKAS」の記事で、当時「サウラビは日本のサムライの起源であるという説をめぐって、現在国内のネチズンと日本のネチズンの間で攻防が起きている」とし、インターネット上における賛否の主張を紹介している。

    上記の記事を書いた人は、「何が正しいのか断定はできない」とし、「無条件に言い張るべきではない。これが認められるようさらに多くの研究が必要だ」というネチズンのコメントを引用して記事を仕上げている。

    今はどうなのかよく分からないが、かつて学校の韓国史で、三国時代について学ぶとき、高句麗、百済、新羅の人々がそれぞれ日本に渡って文物を伝えてあげたという部分が登場した。
    そのような内容を学ぶと、「日本はもともと野蛮な島国だったが、高句麗、百済、新羅の人々が高いレベルの文物を日本に伝え、教えてあげたので、日本は成長することができた」という考えを持つようになるのも不思議なことではない。

    だから、古代の日本は高句麗、百済、新羅の人々から学ぶ立場にあったという考えで、サムライも百済のサウラビが起源だという主張を「そのはずだ」と納得してしまったのではないか?

    しかし、「MOOKAS」記事の中で引用されている「日本のサイトに掲載されたサムライの起源説につての日本人のコメント」を読んでみると、あちこち不正確な翻訳があるが、「身分の高い人に仕える」という意味の動詞「さぶらふ」(最後の「ふ」は、現代日本語では「ふ」とのみ発音するが、歴史的な仮名遣いにより「う」と読む)がサムライの語源であり、そもそも「サウ」と「ラビ」の両方とも現代の韓国語で、百済の戦士が当時「サウラビ」と呼ばれていたのが事実なのか証明されていないという反論が提起されている。
    日本人だけでなく、韓国人の間でも、話にならない話だと思っている人はいたようだ。

    では、「サウラビ」という言葉はいつから登場したのか?
    これについては、2008年のチョロクブルの文<サウラビの雑談>で詳しく取り上げたので、その内容を簡単に整理しておく。

    <東亜日報> 1962年11月20日5面の記事(装飾作家…キムヨンゴン氏)によると、教師で作家のキムヨンゴンは、昔の武士を「サウラビ」という現代語に変えたことを誇りに感じると語っているのだ。

    1962年以前にキムヨンゴンによって創案された「サウラビ」という言葉が、後に歴史小説やTVドラマなどで使用され始め、映画「サウラビ」につながったのだ。
    もともと武士一般の表現として創作された「サウラビ」という言葉が「百済のサウラビ」に変わったことについて、チョロクブルは、高句麗の「チョウィソニン」や新羅の「花郎」に比べると、確実に前に出せる用語がなかった百済のために「サウラビ」という言葉を作ったのだろうと推論した。

    キムヨンゴンがサウラビという言葉を作ったという説は今でも有効であるとみられ、<東亜日報>もファンギュイン記者がその記事を2017年に再び言及しつつ「サウラビがサムライの起源だった確率はゼロに近い」という結論を下している。
    このようにサウラビは、現代に作られた言葉であるため、この言葉がサムライの語源になることなどない。

    ※※原文はソースでご覧下さい。
    http://www.newstof.com/news/articleView.html?idxno=1546


    4
    1962年ってw


    8
    >>4
    大韓時空だと神話の時代だぞ


    149
    >>4
    ねw


    158
    >>4
    ザ・ビートルズが『ラブ・ミー・ドゥ』でデビューした年だな。


    200
    >>4
    その程度の「つい最近の昔」が掘り起こせないんだなあと
    韓国の歴史を扱うのは無理


    206
    >>200
    韓国は昨日どころか当日のことも捏造され、嘘が独り歩きする国
    哨戒機へのレーダー照射についての「公式の言い訳」がコロコロ
    変わっていったのに、国民やマスコミから何の疑問も出てこない


    【【ファーw】韓国さん「日本の “侍” は、“サウラビ” 韓国起源!」←コレwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1 2019/05/05(日) 19:24
    歌手・宇多田ヒカルが4日、自身のツイッターで、日本の皇室の「女性天皇」について言及した。
    (略)
     このツイートには1日で600件を超えるコメントが書き込まれ、4万7000件を超える「いいね!」を記録するなど、拡散されている。

    5/5(日) 18:37配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000127-dal-ent






    3
    >>1
    それはお前が無知なだけだ、推古天皇、持統天皇も知らんということだろ?


    889
    >>3
    海外育ちやろ
    所詮そんなもん


    13
    >>3
    推古天皇と持統天皇は有名や
    逆にいうと他の女性天皇は全く有名じゃないよね


    5
    女系天皇と女性天皇は別


    76
    >>5
    それ


    140
    >>5
    これな


    245
    >>5
    だな
    歴史上の女性天皇は中継ぎがほとんどなのにマスゴミは伏せてる


    【【ファッ!?】宇多田ヒカル、「女 性 天 皇」に言及ツイートした結果→こ う な る・・・・・】の続きを読む

    1 2019/04/22(月) 19:03:
    タレントのデヴィ夫人(79)が22日、ブログを更新し、小学校の教科書で北海道が白塗りにされる問題に怒りを爆発させた。

    「信じられない!北海道以北、領土外」と題したデヴィ夫人。

    「来年度から使用される小学校の教科書で、江戸時代初期の日本を赤く塗った地図が文部科学省の検定により、北海道以北を白くする修正が行われました」と一部報道を引用。

    「なぜ北海道以北が日本と同じ色ではないのでしょうか? 信じられません 北海道は『日本』ではないのですか!?」と大いなる疑問を突き付けた。

    「北海道以北を『日本』から外したことに強い違和感と怒りを感じます」

    「教科書で学ぶ子供達に、北海道以北が日本ではないかのような誤解を与える恐れがあります」と至極、まっとうな主張を展開。

    「修正が行われたのは小学6年生用の社会科教科書。検定について文部科学省は『当時は江戸幕府の支配が北海道全域に及んでいないため』と説明していますが、
    江戸時代初期の1644年、幕府が諸藩に国絵図の提出を命じ、作成された日本地図『正保御国絵図』には『くなしり(国後)、えとほろ(択捉)、うるふ(得撫)』の島名が記され
    北海道はもちろん、北方領土が日本固有の領土であることを示す証拠となっています」と強調。

    「そもそも、江戸時代以前から、松前藩が進出しています。このような事実を無視して、『日本』から外すような文科省が修正をする意図が理解できません!! 地図は領土問題の証拠になる重要な資料です。
    これでは北方領土及び北海道さえも日本固有の領土ではないと疑いを抱かれます! それが教科書ならなおのこと! 来年度の使用の前に即刻修正しなおすべき!!と、全国民は 声を大にして叫ぶべきです!」と語気を荒らげた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16355482/
    2019年4月22日 16時49分 東スポWeb


    16
    >>1
    初めてデヴィ夫人の味方をした


    141
    >>1
    北海道はやっぱり海外だったのか。


    【【ファッ!?】デヴィ夫人 「日本の教科書」に “超 ブ チ ギ レ” る wwwwwwwwwww】の続きを読む

    1 2019/03/26(火) 23:09
    日中韓の「桜の起源」論争に終止符?=中国専門家「奪うな、桜は日本のものだ」
    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20190326034/

    関東でもまもなく桜が満開となる25日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「奪うな、桜は本当に日本のものだ」と題する文章が掲載された。

    文章の著者は、現在、上海辰山植物園に勤める劉夙(リウ・スー)氏。毎年、桜が開花する時期になると、日中韓で「桜の起源論争」が起こるが、劉氏は2015年に「桜の起源は日本である(※詳細、関連記事)」と主張する文章を掲載し注目を集めた。劉氏が今回、自身の微博アカウントに掲載したものは、当時の文章に加筆した「2019年版」となっている。以下はその概要。

    毎年、春になると、東アジアで桜が開花する。そして、それと共に日中韓3カ国のメディアをにぎわすのが桜の原産地論争である。

    私は、中国のいわゆる専門家やメディアが桜の起源についておかしな言論を発表するのをもう何年も見続けてきた。2015年の「両会(※全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)」の期間中、委員から桜産業を発展させる提案が出た。あるメディアは「桜の起源は中国のヒマラヤ山脈だ」「秦漢の時代にはすでにあり、後に日本に伝わった」などと報じた。同年3月には韓国メディアが「ソメイヨシノの起源は韓国である」と主張した。
    (略)
    実は、「桜」の定義をはっきりさせれば、科学的にはそれほど起源が論争になることはないのである。

    ■人工的な桜の核は日本固有、栽培も日本が主
    桜は学術的にはバラ科モモ亜科スモモ属であり、多くの品種の総称である。しかし、一般に言われる「桜」は人工的に作り出され、広く栽培されている品種のことを指す。そのため、まず「野生の桜」と「人工の桜」は分けて考える必要がある。両者の起源に関する論争は、科学上まったくの別問題だ。

    人工的に栽培された桜は、品種が非常に多いため、いくつかの種類に分けられる。カワヅザクラに代表される早咲き種、ソメイヨシノに代表される中咲き種、カンザンザクラに代表される遅咲き種など、開花の時期によって分類する方法もあれば、花の直径などによる分け方もある。

    現在では、さまざまな品種があるが、その祖先である野生種の数は多くない。すべての人工栽培の桜は、野生種をかけあわせて生まれたものだ。そのため、人工の桜の起源を論じる時は、その祖先に当たる野生の桜の種類を調べなければならない。

    以前は技術が追い付かず、判断が難しかったが、分子生物学の技術発展によって多くの問題に割とはっきりした答えが出ている。現在、自信を持って言えることは、人工栽培の桜のほとんどが、オオシマザクラ、カスミザクラ、ヤマザクラ、エドヒガンザクラ、カンヒザクラの5つの野生種から生まれているということである。この5種のうち、カンヒザクラを除く4種は日本の野生に分布しているもので、オオシマザクラは伊豆や房総半島が原産の日本の固有種だ。

    オオシマザクラは人工栽培の桜の「核」と言っていいもので、多くの有名な品種がこの血統を有している。(翻訳・編集/北田)
    (以下ソース先で)
    ※関連記事:
    桜の起源は日本である(2/2)=「韓国の主張は科学の精神に反する」
    https://www.recordchina.co.jp/b105377-s0-c60-d0052.html


    45
    >>1
    うーん、やはり中国は理性的な人物が出てくるな・・・。

    桜の起源を野生種と、近現代の観賞用とキッチリわけで
    起源をヒマラヤとするのは語弊というより誤りってなロジックを
    組み立てるのにも感心する。

    あらためて韓国人は論外だわな、とつくづく思う。
    話にならんし。


    47
    >>1
    思ってたよりも読み応えあった


    【【ファッ!?】中国さん「韓国よ、“桜” は日本のものだ!!」←コレwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ