おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

田舎の怖い話

660
実家いた頃の話。

実家の部落(差別的な意味じゃないよ)では、
毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。
んでその日は昔から有りすぎて
もう何をまつってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。
部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので、
その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。


661
でもそこの一ヶ所のU字溝の付近はいわくつきと言うか、
近づいたら死人が出るって言われてた。
けど親父達の世代はそんなの年寄りの迷信だと思って構わず掃除してたんだ。
そしたら昼間は元気だった近所のおじさんがその夜突然亡くなった。
それ以降その家は幽霊屋敷になったんだけど、それはまた別の時に。

で、自宅の風呂場で亡くなってたから警察とかも来たんだけど、
死因は脳梗塞かなんかだって言われてた。

ただ昼間凄い元気で健康そのものだった人が急に亡くなったし、
その人がU字溝を掃除してた人だったから、暫くはその噂で持ちきりになった。


【【超タブー】何を祀っているか“分からない”神社のU字溝、そこは「近づいたらシぬ」曰くつきで・・・】の続きを読む

112
結婚1年ちょっと、24才の時に夫が事故で急死。で、夫実家の地元からプチ夜逃げした時の話です。

夫はサラリーマンだけど、実家は膿家で、夫実家に近いところに借家住まいしてました。
夫の葬式の日から親戚が私のいない所で「これから嫁をどうするか」「○○んちの嫁にしてはどうか」とかリサイクル先を検討しはじめてた。
葬式の時から、かなりあからさまに、品定めのために顔を見に来る奴がいました。

葬式後は夫実家に呼び出されて、地元のジジババの茶飲みに付き合わされるとか。
ちょっとおかしいとは思っていましたが、その地方はそうなのかとも思っていました。

ですが、焼香と称してやたら不自然な来客と対面させられる事が多くなった。
夫の叔父とかイトコとか未婚の奴ばっかりと。そして二人きりにさせられる。
あげく、女一人の家なのに、遠縁の○○が来るから焼香させてやれとか。
アポなしで夜に焼香に来るとか。
この時点で夫の葬式から2週間かそこら。

義理姉が現金くれて
「今すぐ再婚したいんじゃないなら逃げなさい。言いわけは、若いんだからどんな無理ないいわけでもいい。 とにかくいますぐ土地をはなれろ」って言われて実家から逃亡。

中央アジアではありがちな風習ではあるのだろうけど
24才の嫁に40歳後半のおっさんをあてがおうとするのは酷いよね。


【【ゾッとする】24才の時、夫が事故タヒ。すると葬式で私の“リサイクル先”を検討しだす夫の親戚に、品定めにくる男達→義姉「逃げなさい!今すぐ土地を離れろ!!」金を渡されて・・・】の続きを読む

子どもの頃ひい爺さんから聞いた話を書きます。

ひい爺さん(以下爺さん)は明治の早い時期の生まれで、しかも山村で育ったため
いろいろと奇妙な風習を知っていて、自分が子どもの頃によく話してくれました。

爺さんの村では送り番という役回りがあり、これは三軒ひと組で回り番で当たる遺体の
埋め役のことだそうです。当時爺さんの村はまだ土葬で、寺で葬式を行った後に遺体の
入った棺桶を荷車にのせて村はずれにある墓域まで運ぶのです。村の顔役や男手のない家
では代わりを頼むこともできましたが、葬式では酒も振るまわれ些少の礼金も出たそうです。


【【戦慄】住職も怯えた黄泉がえりの遺体、『送り番』という風習のある村でおきたギョっとする怪事件・・・】の続きを読む


死者が歩く村

896 2016/09/30(金)
変な風習とか、村の行事ってここに書いてもいいのかな?とりあえず書いてみるね。

夏に友達と駅から徒歩2時間ほど距離のある村へ行ったんだよ。
以前友達がすんでいた町?の隣村らしいんだけど、一度だけ子供の頃に変わった行事を見せてもらったのをずっと覚えてたみたいで、オカルト好きの俺らを誘って是非いってみないかってお誘いだった。

その内容が死者が屋外を練り歩く、みたいな話。
映画かよって思ったけど面白そうで行ってみたんだ。

大体が記憶違いだったりで終わりそうなんだけど、結果本当だった、みたい。



【【変な風習】“死者が行列で練り歩く” といわれている村に泊まった夜、俺らが見てしまった恐ろしい光景】の続きを読む

1 2018/05/27(日)
「住めば都」ということわざがあるように、どんな場所でも住み慣れれば、それなりに心地よく思えてくるもの。とはいえ、住む場所によって明確な差は存在している。

「ガールズちゃんねる」の「田舎にあって東京にないもの」というトピックが話題になっている。

■「田舎にあって東京にないもの」って?
投稿者は東京近辺に住んでいるようで、「東京近辺にも海山川自然もある。美味しい食べ物屋もたくさんあるし新鮮な野菜や魚も市場がある」と、東京にはさまざまなものがあると改めて主張。

その上で、「田舎にあって東京にないものってなんですか?」と疑問を述べた。

■新鮮な野菜だけじゃなく「近所付き合い」も…
この問いかけに対し、まず見られたのは「人間関係」「近所付き合い」などの回答。

・わずらわしい祭やご近所付き合い

・濃厚なご近所付き合い

・祖先の100回忌を知らせてくる寺

また、一方でごく近くに自然があることや、新鮮な農産物をあげる人も。

・美味しい野菜や果物。採れたて新鮮だから

・星空、普通に天の川が見える

・ニワトリ飼っている家

(略)

https://sirabee.com/2018/05/27/20161635237/



2
村八分


7
農耕な付き合いもあるでよ


8
>>7
田んぼの水止めといたよー


11
>>8
水道メーターつけようぜー


10
>>8
止めてくれて助かることもあるが、勝手に止められたり他の田んぼに水が入るように変えられたりして、うちの親はよくボヤいていた
水の争いは厳しい


127
>>10
水争いに困って用水から取るのを諦めて
井戸を掘って揚水ポンプ付けた田がある。


【【田舎vs都会】田舎にあって東京にないものって何だ?「コミュ障にとって田舎は地獄!」】の続きを読む

このページのトップヘ