おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    社会問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ほどほどの物質や娯楽ならド田舎でもイオンモールに行けば揃ってるし
    凡庸な都会でいいなら埼玉とか名古屋くらいでいいし
    アジアで一番の都会だったら香港かシンガポールだし
    世界一の都会ならニューヨーク行けよって話だよね



    【今の時代「東京にしかない価値」ってなんもなくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ベーシックインカム

    ベーシック・インカムとは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想のことです。2017年1月1日にフィンランドが国家レベルでは初となるベーシック・インカム制度を試験導入し話題になっていました(おうまがタイムズ)



    1
    年金破綻⇒解決
    生ポ不正⇒解決
    少子化⇒解決
    ブラック企業⇒解決
    貧困⇒解決
    奨学金返済⇒解決



    【「ベーシックインカム」をやれば大体の社会問題が解決する件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ◇セルフネグレクトか

     千葉県北西部で昨年5月、一軒家のごみがたまった一室から、足が壊死(えし)した状態の高齢女性が救出されていたことが分かった。女性は生活意欲などの衰えから身の回りのことができなくなるセルフネグレクト(自己放任)の疑いがある。専門家は「他人の世話になりたくないなど、ごく普通の理由からセルフネグレクトは誰でもなり得る。高齢化が進み、この問題に向き合わなければ今回のような事例は増えていく」と警鐘を鳴らす。

     女性宅がある自治体などによると、女性は60代後半で、70代の夫と30代の娘の3人で暮らしていた。夫はがんを患っており、往診のために医師が昨年4月に訪れたところ、2階にごみだらけの部屋があることに気付き、自治体に連絡。夫はその直後に亡くなったが、葬儀に女性は参列せず、自治体の職員が安否確認のため娘に「お母さんに会わせてほしい」と依頼した。しかし、娘は「母は会いたくないと言っている」と拒んだという。

    (略)

     ◇娘「相談できず」

     女性の食事は娘が運び、トイレはおむつで済ませていたという。救出時、娘は「母のことを誰に相談すればいいのか分からなかった」と涙したといい、女性は今も入院中だ。

    (略)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000008-mai-soci



    【【闇深】セルフネグレクト?ごみ部屋で体埋もれ両足壊死の女性を救出 誰でもなりえる問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    みんなさ「社会ってのは厳しいもんなんだよ」っていう風に、
    実は自分も被害者なんだ、でもそれを我慢してるんだっていう言い方する人はいっぱいいるじゃん?

    けど「実は社会を厳しい世界にしてるのは俺だよ」って言う奴は見たことないんだが
    社会を厳しくしてる張本人(層)って誰なんだ? あとそういう層はそれを自覚してるんだろうか



    【【ガチ討論】社会を厳しくしてる張本人って誰なの?【格差・貧困・幸福度】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    内閣府が発表した全国のひきこもりは推計54万人。だが、これは実態と乖離(かいり)した数字という。ひきこもりの長期化・高齢化によって、親子が共倒れする悲惨なケースも出てきている。

    (略)

    11月17日には、岐阜市内の民家で、親子3人の遺体が発見された。

    (全文)
    http://mainichi.jp/sunday/articles/20161219/org/00m/040/001000d



    【【闇深】引きこもり高齢化急増“親子共倒れ”の過酷社会、いま何が起きているのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ