おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

神憑き

1
スペック30代

普通の男の子だった。
ただ、皆と違うのは感がするどかった。
そしてもてた。


【【神に愛され憑かれる】神社で白蛇を助けたら見初められ、“人の姿” で現れるようになったのだが・・・】の続きを読む


神憑き後編

後編
【神憑き】天災レベルの怪奇現象続きで困ってるんだ。神に憑かれるということ…

前編をご覧になっていない方は以下URLからどうぞ

前編はコチラ
http://www.oumaga-times.com/archives/1072188064.html



44: 名無しさん@おーぷん 2014/11/21(金)12:18:29 ID:xn1yO3YYP
最初に戻ってきたのは母親でした。母親は暗い表情で話しました。

母親「私はそう言うのが全く分からないんだけどね……。どうも○○には憑いているじゃないかって話みたい。
それでA神社の人が見た限りでは、目を向けるのも恐ろしい状態なんだって。
早いうちにお祓いをしようとなったのだけど、今○○が入院しているって伝えたら、来るって。
それと部屋を片付けている**(弟)から電話があってね。
……悪いけど○○は彼女なんかいないよね?」

オレ「えっ……うん……」

母親「布団いつ干した?」

オレ「そう言えば全然ほしてない……」

母親「布団の裏に長い髪の毛がドサッと置かれていたんだって。
カツラかと思うほどぐらいみたい。気味悪くてさっさと捨てたけど、
○○が変な趣味に走ってないか心配だーって。
それに部屋の中に他にも誰かが居るような気がするって。人だけじゃなくて動物も。
メガネの端のレンズが無い所に、チラチラ映るらしいの。で怖いから帰っていいかって。
お守りも聞いていたから、私は帰らせちゃったけど……」

 

【【神憑き】天災レベルの怪奇現象続きで困ってるんだ。神に憑かれるということ…後編】の続きを読む


神憑き前編

前編
【神憑き】天災レベルの怪奇現象続きで困ってるんだ。神に憑かれるということ…



1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/14(金)14:45:16 ID:WO7cTMeqS
精神的におかしくなっているから言葉がおかしいかもしれない。

最近、家の中でラップ音と窓を叩く音、ズズッと物を引き摺る音、
吊るすタイプの照明が勝手に揺れる、笑い声(?)、部分的金縛り、足元に女の人が立って居たりする。

それと関係あるか分からないけど、昨日不可解な夢を見た。
何処か分からない周囲に山があるホームに居て、周囲が赤茶色にフィルター掛かっているような場所に居た。
他にも数人居たのだけど、無表情とか混乱しているばかりで話しかけられなかった。
線路には人が八人ぐらいいて、太った人が「こっちにくるなー」って俺らに向かって叫んでた。

そうこうしているうちに電車が来て、その時には線路に居た人たちが全員消えてた。

中が見えないと言うのかな。電車のドアの先はそんな状態になってて、変に温かい(ぬるい?)空気が漏れてた。

俺はとてもじゃないけど乗れなくてベンチに腰を落としてた。猿夢だっけ?ひき殺し―ってなる怖い話。
あれを思い出しててとてもじゃないけど乗らなかった。ただ他の人は乗っていたと思う。

オレと4人ぐらいが電車で乗らないでいると、改札みたいなところの駅員が良そうな部屋から若い駅員出て来て。
「お乗りにならなかったのですかー」と笑顔で俺らに話しかける。

手には錆びついた大きな枝切りばさみみたいのを持ってて「待っててくださーい」とか言いながら呑気に空間チョキチョキ。
空間が割けたと言うのかな。その先は色が付いた世界で。

駅員が何か言おうとしたのだけど、俺は直感的に「助かる!」と思って飛び込んだ。

それで目を覚めたのだけど、そしたら、昨日は今までよりも何十倍も物音が凄かった。
それに女の幽霊みたいのも、足元にいつも通り立っていて、昨日は俺の顔を指さしてた。


【【神憑き】天災レベルの怪奇現象続きで困ってるんだ。神に憑かれるということ…前編】の続きを読む


神憑き不思議なミノムシ先生

子供の頃によく一緒に遊んでいた「ミノムシ先生」。懐かしくなって母親に「ミノムシ先生はどうしているだろうか?」と尋ねてみると、怪訝な顔をした母親から返ってきた答えは、俺の想像していたモノとは全然違っていて…。ミノムシ先生とは、俺だけに認識できる“存在しない存在だったのか、それとも――(おうまがタイムズ)
177
先日、出張のついでに実家に戻り本棚を整理してたら
俺が愛読してた昆虫図鑑が出てきた。懐かしくなって時間を忘れて読みふけってしまった。
小さい頃の記憶がよみがえってくる。
「そういえばミノムシ先生どうしてるかなぁ。もう結婚して子供もいたりするかなぁ」

夕食時母親に何気なく聞いてみた。
俺「そういえばミノムシ先生っていたよね、今頃どうしてるんだろー?」
母親が怪訝な顔をする。
俺「よく公園で遊んでたやん。どこに引越したんだっけ?案外俺の近くにいたりして」
母親の顔が曇る。
母親「あんた・・・まだそんなこと言ってるん?そういえばこの話はしてなかったっけ??」

そのあと母親の話を聞いて俺は頭の中が真っ白になるくらい混乱した。
  


【【存在しない存在】神が憑いてた?子供の頃俺の友達だった不思議なミノムシ先生】の続きを読む

このページのトップヘ