おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    神社

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    512 2018/07/10(火)
    西日本の洪水騒ぎで思い出した、俺の子供の頃の体験というか日常

    俺の実家は東京の多摩川に近く、中学に上がるまでは毎日のように川原で遊んでいた
    実家近くの多摩川は、水が流れてる川と、台風などの増水で流される石だらけの川原と、増水しても踏ん張ってる雑木林が複雑に入り組んでいて、
    夏は川で泳いだり、秘密基地を作ったり、家から近いのに少年の冒険心を満たしてくれた
    川原には近所の友達と遊びに行くんだが、なんせ実家の目と鼻の先だから、暇なときにひとりで遊ぶことも多かった

    川原でひとり遊びをするとき、俺は藪に分け入り小川を乗り越えて、新しいルートを探すことが好きだった
    人が歩かない場所にずんずん入っていくと、篠竹の茂みがあったり、合歓木が良い匂いの花を咲かせてたり、やたらとデカい流木があったり、小さな池を見つけたり、小学生の俺にとってそれらは大発見で、とにかく面白かった

    そういう小冒険を続けているうちに、雑木林の中に神社がある事を知った
    小さい神社で、建物の屋内は4畳半くらい、かなり古い木造だけど手入れされた感じで、手水鉢にはちょろちょろときれいな水が満たされてる
    小さな石の鳥居があって、賽銭箱の上にある鈴もピカピカしてて、なんとも気分の良い神社だった




    【【不可解な神社】洪水の濁流にのまれたはずなのになぜか無傷で綺麗なままの川原の神社】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    889
    この話は中学一年の夏休み、よく遊んでいた友人と3人で肝試しをした時に体験した出来事
    その後なにかあったとか感染系って訳でも無いけど
    個人的には洒落にならないぐらい怖かったのでここに

    その時行ったのは地元では有名な心霊スポットで、少し山を登った所にある古い小屋
    特に謂れのようなモノは無かったが雰囲気が不気味だからか、
    かなり昔から心霊スポットとされていて、幽霊の目撃談もかなりたくさんあった
    更には自分達が小学校低学年だったころ、その小屋の近くで
    近所のヤンキー二人の遺体が発見された事件があり、呪われた場所として
    地元の人間からは恐れられていた
    (どちらも死因が刺し傷でナイフを所持していた上、小屋の中からビールの空き缶が見つかった事から
    酔った勢いで喧嘩がエスカレートしてという事で事件は片付けられた)

    流石に人死が出た場所だし、もし幽霊がホントに出たらヤバいだろーなという話から、
    念のために肝試しに行く前に近くの神社にお参りをしようぜという流れになった



    【「神社の神様が助けてくれた」から肝試しでおぞましい“アレ”からは逃げられたが、ナニか、変じゃね・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    344
    2週間ばかり前、晩に犬の散歩をしてて奇妙なことがあったんで書いてみるよ

    雑種のクロという犬を飼っているんだけど、
    それまで世話をしていた息子が中学生になり、部活で自分より遅く帰るようになったので
    それにつれて夕食の時間も遅れて、毎日散歩させる役目が回ってきた
    といってもそんなに長時間ではない 
    自分は団体職員で家に帰る時間は毎日ほぼ同じ、帰って一息ついてから6時半から7時くらいの間
    散歩のコースは犬も飽きると思って3~4通り考えてローテーションしている
    これがやってみたら、座職の自分にはけっこういい運動になるとわかった

    その晩は神社コースをとった
    自分の家から15分くらい先に某有名企業の工場があって、わきに企業所有の野球場があり、
    その三塁側ダッグアウトの後ろが少し林になってて中に小さなお社がある
    何でも昔はもっと大きな社殿だったそうだが、
    自分らがこの地域に越してくる前に不審火で全焼てしまい、有志で小さな新社を建てたという
    球場のフェンスの外を曲がろうとしたとき、さらにその先の小路から車が出てきた
    危ないことはなかったんだが、ヘッドライトに照らされてボッと光ったものがある


    【【神社で怪しい儀式】ペットボトルの中身はまさか…犬の散歩中に「ヤバイ」もの見てしまった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    350
    ここで私の体験談を

    庭いじりしてたら、若い男が つかつか庭に入ってきたので
    「ゴラァ!何勝手に入って来とんのじぁ!!」
    と怒鳴ったら、即消えた。
    あっちの人だった。
    って事がまぁある私。つぎの話は 
    信じてもらえんと思う恐怖体験を語らしてもらいます。

    一番怖かった話
    毎回同じ場所で 同じ侍が壁から出てきて壁に吸い込まれて行くのを見てたので、この侍の存在自体を気にしてなかった。
    ある日、たまたまいつもと違う時間に帰宅。
    するとよく見かけていた侍が、いつもとは違う壁から突然すうっと現れた。
    「あっまた」
    と思ったら、いきなり
    「見たなぁ!」
    と侍が怒鳴り 凄まじい剣幕で、刀振り上げて追いかけてきた。

    逃げながら、咄嗟に近くの神社の神様に
    助けて!
    と願ったら、凄い白光が
    どんっ!
    て感じで一瞬上から落ちてきて
    「うわぁぁぁ」って叫びとともに侍が消えた。

    神様ありがとうと心底感謝。
    マジコロされるかと思った出来事だった。
    以来この侍一切出なくなった。
    消滅したか 成仏したか

    この話 体験した本人が言うのも何だが、作り話みたいなんだよね。
    助かった白光とかが、語ると嘘っぽくてorz
    でも本当に体験した話です。


    【【神様助けて】壁から出る侍の悪霊に殺されかける→神社の神様に助けを求めた、その時!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    501
    スレチだったらごめん。
    困ってるから聞いて欲しい。
    長いから暇な奴だけ読んで、

    家はひい婆さんが最○稲荷の熱心な氏子?だったんだ。
    で、たくさんの御利益貰って、家業がすごい儲かったらしい。
    広島のとある地方の地主で
    2代くらいは稲荷信仰してたらしい。
    今は家族全員関東にいるんだけど
    理由は、ばあちゃんがひい婆さん氏んだ途端、
    稲荷信仰の神具全部捨てて、爺さんに稲荷信仰辞めさせた。

    そしたら、会社潰れて、ややあって
    各地を点々としながら今は家族全員関東ってとこ。

    続きます


    【【2股狐に取引誘われ怖い】稲荷捨て→没落家系の私『良いものには代償。使役すれば代償。選べる年齢になった』信仰すべき??】の続きを読む

    このページのトップヘ