おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    神隠し

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    結局、異世界って存在するの?
    存在するとしたらどんなとこ?



    3
    ついこの前経験した。
    需要あれば



    4
    聞きたい


    6
    ありがとう。

    スペック
    男18
    この前オカンの実家の愛知に帰った。



    7
    親戚の会合みたいなのに飽き飽きしてた僕は久しぶりに旧友と会って近所をぶらついてた。


    8
    そこで川沿いに見たことのない鳥居が立ってて、普段はそんなとこ気持ち悪いから近づかないんだけど近寄ってみた。


    9
    よく見たらわっけわかんない御札まみれでコケのこびりついた汚い鳥居だったんだけど、よく見ると奥に薄暗い森が広がってた。


    10
    で、友達と奥の森に行ってみようって話になって鳥居をくぐった。


    【【時空のゆがみ】 “異世界”ってガチであるの?行ったやつおる??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    みんな見えると思ってたらそうでもなかったらしい
    ご飯とか色々あるからレスは遅いけどまったり答えたいです


    4
    鏡見るとカッパが映ってるとかそんな感じ?


    5
    妖怪ってどんなん?


    6
    >>4
    それは経験ないけど
    ばあちゃんの家にある古い手鏡には
    いつも自分は映らなくて優しそうな女の人が映る。
    でも他の人に渡すと「普通に映るじゃん」って言われる
    >>5
    人間ぽくはないかな、未だに明確な違いは分んないけど


    【【不思議】「妖怪」見えて「神様」に神隠しで監禁されたけど質問ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    794
    うちの昭和7年生まれのばあさんのさらにばあさんが子どもの頃のことだから
    明治か江戸時代??かもしれない話
    それがわが家に伝わってきたのを書いてみる

    そのばあさんが12歳ぐらいのときに神隠しにあった

    当時は里子に出されたり人買いに売られたりなんてこともあったそうだが
    そういう親が事情を知っていていなくなったのではなく本物の神隠し
    夕方、赤子の弟の子守をしながら裏をぶらついていたと思ったら
    いつのまにかいなくなって赤ん坊だけがおんぶ紐といっしょに草の上で泣いていた
    集落の若い者大勢が出てさがしたが見つからない
    そのうち夜になって街灯もない頃だから明日の夜明けからまた探そうということになった

    そうしたら当時のじいさん(俺から見れもはや遠い先祖)が
    女の子の神隠しは神おろしの憑坐(よりまし)にしようとしてさらっていった場合が多い
    憑坐の手順には普段使ってる櫛が必要で
    さらっていったものか術をかけられた本人が取りにくることがある
    だから櫛を隠しておけば目的が果たせなくなって子供が返されることもあると言って
    箱に入れて自分が寝ている納戸に持っていった


    【【人さらいと妖物】女の子の神隠しは神おろしの“憑坐”にされる、術を解くために爺さんはある儀式を行うのだが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こっくりさんで呪われた少女

    「こっくりさん」とは、1970年代に大流行したテーブル・ターニング(降霊術)で、日本では狐の霊を呼び出す行為と信じられており、そのため「狐狗狸さん」の字が当てられることがあります。こっくりさんをおこなったことで狐憑きになりおかしくなってしまったという報告例も多く存在しますが、報告者はそういった危険性を伴うこっくりさんを小学生の時にやっていた、ある女の子の存在を恐れているそうで――(おうまがタイムズ)
    121 2008/07/25(金)
    小6の時だから、今から25年くらい前だけど、こっくりさんが流行った。
    たいていこっくりさんに興味を示すのは、
    クラスでもちょっと地味な子達のグループ。

    そのグループの中で、内弁慶的に威張っていた子が率先して放課後に教室で始めたんだけど、
    私も含め「やだ気持ち悪い」と思って、そのグループ以外の子達はさっさと教室を出て運動場で遊んでた。

    そしたら、私たちの教室が大騒ぎらしいと誰かが言いに来て、
    その場にいた子供達が、学年関係なしにほぼ全員、教室に興味本位に向かったら、
    教室内で、こっくりさんを率先した子が、ギャアギャア叫び散らし、ヨダレ垂らしてしoきんしてた。
    あまりの異様さに駆けつけた先生達も騒然。
    グループの他の子達はショック状態の子と、泣き続ける子と。

    次の日から、その子は学校に来なくなってそのまま卒業式。
    先生が「しばらく○○さんはお休みします」と告げたっきりで。
    今も同級生の間で謎なんだけど、中学にも来なかったのよね。
    色々な噂が飛び交ったけど、結局誰も本当のところがわからないの。
    ポンと消えてしまったみたいな。
    夜逃げするような家庭でもなかったらしいのに。
    自宅はそのまま事件後もあったんだけど、人が住んでいる気配がなかったらしい。


    【【不気味】こっくりさんで狂っていなくなった女の子、20年以上経った今、当時のままで同級生の前に現れ始め…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    異世界の女と出会った話

    8月のお盆より前の時期、小学生だった俺は一人で祖父母の暮らす田舎へ向かうことにした。その日もいつものように電車を降り、バスに乗り換える前に電話をして、祖父に迎えにきてもらうはずだったのだが、バスを降りるとそこは――



    140
    田舎ってのはそれだけで不思議な力があるよなぁ
    俺も異世界に入りかけたわ


    158
    少しだけフェイク入れときます
    話は小学校高学年の頃
    うちは放任主義なのか、割と小さい頃から田舎に1人で行くのが普通だった
    その日は確か8月になるかならないか、少なくとも盆よりは前の時期だった

    例年のように荷物を背負って1人で田舎に向かった


    162
    田舎は本当にどが付く田舎な所で、1時間に2本あるか無いかの電車に乗って、降りてからはさらにバス
    の降り場も周りに何も無いところで、そこからさらに20分ほど歩くとようやく祖父母宅が見えてくるって場所
    その日もいつも通り、電車を降りた所で電話をしてバス停まで迎えに来てもらうことにした
    が、何か電話の調子が悪い
    時々声が聞こえなくなったり、音が遠かったりした
    そのせいか相手が祖父じゃない感じもしたけど大して気にせずバスに乗った


    【【異世界の女】いつもと違うバス停の景色、この世界の人間ではない「あの人」と呼ばれる女に出会った】の続きを読む

    このページのトップヘ