おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    職業体験談

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    僕らの知らない世界で生活をする人ロゴ22

    【職業の裏話 その1】僕らの知らない世界で生活をする人たち
    http://www.oumaga-times.com/archives/1067802780.html


    ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
    家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
    マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
    敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
    僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
    いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!

    69
    介護ヘルパーの人の話がききたい。やっぱ白衣の天使みたいな精神なのか。


    70
    ママンが「家事支援」とかいって、お年寄りの家庭を訪問
    お手伝いする仕事をやっていたよ。


    73
    >>70
    よければ詳しく教えて下さい。

    友達がヘルパー資格とってパートで勤めてるんですが、
    「介護より、お話し相手という感じだわー。」
    と言っていたのですが、詳しい事を聞けなかったので。


    【【職業の裏話 その22】僕らの知らない世界で生活をする人たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    僕らの知らない世界で生活をする人ロゴ21

    【職業の裏話 その1】僕らの知らない世界で生活をする人たち
    http://www.oumaga-times.com/archives/1067802780.html


    ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
    家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
    マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
    敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
    僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
    いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!

    455
    芸能人のファンクラブなんかで見る「○○君と行く2泊3日旅行ツアー」
    こういう企画立てるのは旅行会社?お話し聞いてみたいです。


    456
    あるミュージシャンの事務所に勤務していて、ファンクラブを担当していました。
    一度、大阪でのライブに合わせたバスツアーを企画しましたが、
    その時はこちらで日程と、一人あたりの大まかな予算を旅行代理店に相談して
    いくつかのプランを提示してもらい、相談しつつ決めたように記憶しています。
    明らかに問題のありそうなファンの方は、定員オーバーを理由にお断りということもあったような。
    「この人のファンレターは渡さないでくれ」という、ブラックリスト的なものもありました。
    事前に手紙を開けるようなことはしませんでしたが、該当の方がハガキを送ってきて内容が見えた時は……うん、これは怖いなと納得しましたw
    ……話が逸れました。
    ツアー自体は企画直後に退社したため、同行はしていません。
    大きな規模で定期的に行われるツアーだと、またいろいろ違うと思います。
    ファンクラブと一言に言っても、形態はいろいろあるみたいですし、旅行代理店の方のお話も聞いてみたいですね。
    長文、読みにくかったらごめんなさい。


    459
    >>456
    >事前に手紙を開けるようなことはしませんでしたが、該当の方がハガキを送ってきて内容が見えた時は
    >……うん、これは怖いなと納得しましたw


    これについても、詳しくお話を聞かせてくれ


    【【職業の裏話 その21】僕らの知らない世界で生活をする人たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    僕らの知らない世界で生活をする人ロゴ20

    【職業の裏話 その1】僕らの知らない世界で生活をする人たち
    http://www.oumaga-times.com/archives/1067802780.html


    ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
    家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
    マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
    敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
    僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
    いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!

    117
    病院の夜間緊急外来受付
    バイトしてました。(前まではたまに募集ありました、今は不明)

    業務内容は準夜勤PM7:00~、深夜勤PM10:00~始業までの
    病院の受付事務。
    夜間の緊急患者の受付、救急車での患者の手配などを行います。
    そこそこ大きな病院でも、夜間は事務(バイト)1、外来看護婦1、当直医師1-2
    という体制です。小さな病院では研修医(卒業前の医学生)
    が担当する場合もあります。

    夜間の外来は、幼児の急な発熱、腹痛(急性腸炎)、喘息発作などが多く
    深夜は1日に2-3件といったところです。
    急性アルコール中毒、自殺未遂、交通事故、893の喧嘩などヘビーな患者も
    時々来ます。
    救急車での来委員の場合、最寄の消防署にホットライン
    (直通電話受話器、とるだけでつながる)から患者の病状を伝えられます
    事務はそれを正確に、医師、看護婦に伝え対応可能か確認し、
    緊急外来(救急車専用入り口と急患用処置質)の準備をします。
    患者が来ると、かなりやばい状況でも氏名、連絡先などを聞き出します。
    意識不明、死亡の場合は所持品をあさる事もあります。

    人の生氏につながる重要な仕事ですが、やばいことにほとんどレクチャーなく
    いきなりバイトをさせられます。教育は良いところでも半日程度。
    募集はほとんどが公立病院で、医療事務会社または警備会社の下請けバイトとして
    大学生などが行っていました。


    【【職業の裏話 その20】僕らの知らない世界で生活をする人たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    581 2018/03/09(金)
    何年か前に太陽光発電所の夜間工事中の体験を書いた者です
    昨日、同じように太陽光の夜間工事で見てしまったので書き込みます

    今回は福島の小さな山の一部を切り開いて作った太陽光発電所の出直し工事にきています
    山と言ってもさほど高いわけでも鬱蒼と木が繁って人気もないような場所ではないです
    車も余裕ですれ違える舗装された道が走って民家もちらほらあり、
    現場からも何軒か民家が見えています

    舗装された道から脇道に入って登って行くと
    すぐ現場がありますが現場のすぐ手前に墓地があるのと外灯が一切なくて
    夜になると真っ暗なのがやや不気味なところ
    ここで昨夜、夜間作業をしていた時の話です

    現場は登ってきた道からさらに脇道を登った高い所にあり、
    作業をしてる場所からはこの道がよく見渡せました
    とは言え雨のせいで月明かりもなく本当に真っ暗だからうっすらとしか見えないんですけどね
    車のライトを点けて頭にヘッドライト、
    雨も降って寒い中で仕事を頑張りながら一休憩入れようとした時、それが見えました

    自分が登ってきた道の入り口から真っ白な人影が歩いてきたんです
    真っ暗なのにはっきりと、光っているわけでもなく、ただただ真っ白な人影
    輪郭ははっきりしてて人の形はしてるんだけど人ではない何か
    ヤバイと思ったけど距離があるので思わず凝視していると
    そいつと目があった…ように感じました

    顔なんかないのっぺらぼうの白い人影になぜそう感じたかは分からないけど
    あいつに見られた、認識されたと、確かに感じたんです
    車に乗って逃げるか…でも現場から出る道は狭くその人影を轢かないと出れないし
    反対側に登っても道はすぐに行き止まりになってる
    どうしようか悩んでる間にもそいつはゆっくりとした動きで道を登ってきて
    現場に入る脇道の所でぴたりと止まった
    どうするつもりか見ているとまたそいつがこっちを向いたように感じた

    こっちにくる…
    そう思って前の時とは違い恐ろしさを感じて車に向かおうとしたその時のことだった
    こっちに登ってこようとしたそいつの動きが唐突に止まった



    【【職場のオカルト】目が合ったヤバイ!!福島で太陽光発電所の夜間工事中に出た“人ではないナニカ”、怖い何なんだアレ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    僕らの知らない世界で生活をする人ロゴ19

    【職業の裏話 その1】僕らの知らない世界で生活をする人たち
    http://www.oumaga-times.com/archives/1067802780.html


    ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
    家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
    マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
    敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
    僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
    いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!

    5
    一度親戚の家に視聴率調査機が設置されたことがあった
    なんか、知り合いに頼まれたと言ってました
    一緒に買い物調査の機械もあったな
    ちなみに一部上場企業の社員宅
    無作為に選んだといってるけど実態はつてを頼って設置しているのじゃまいか


    29
    そいや、夜中ドラッグストアに買い物に行ったら(AM2時ごろ)
    狂ったように棚卸ししている人たち(店員じゃない)がいたけど
    棚卸し専業の会社とか有るのかな?

    あったらその関係者の方おねがい!


    32
    >>29
    棚卸し専業の会社にバイトで勤めた事があります。
    もう数年前だけど大手スーパーやコンビニ、本屋100均などにも行ってました。
    コンビニは1日で2件、スーパーなどは閉店間際や深夜などが多かったです。
    忙しい時期などは昼間はコンビニ、深夜は大手スーパーという感じで労働基準法は?って感じな事も
    ありましたw 移動は車でした。
    仕事は棚卸し専用の機械を腰から下げ、値段と数を打ち込みます。
    慣れてくると機械を見る事無く打ち込む事ができるようになります。
    打ち込んだ場所は重複しないように、印としてその棚の端に専用のシールを貼ります。
    後でシールのチェックをし、無かったら貼り忘れかどうか調べます。
    打ち込み終了後に専用機械をPCに繋げ、情報を移しそして内容を印字します。
    そして印字中にシールを取り棚の整頓などします。
    コンビニなどは大体3,4人で行ってました。
    あまり売り上げと棚卸しの結果が違いすぎると、再度依頼があるとかいう噂が・・・
    でも万引きなどが多い店なのは、何ヶ月分かは分かりませんがコンビニでも100万位差があるとかで。


    【【職業の裏話 その19】僕らの知らない世界で生活をする人たち】の続きを読む

    このページのトップヘ