おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    812 2018/01/11(木)
    高校生のころだから、かれこれ20年以上前の話になる。

    市立図書館に夏休み行った。午前中の早い時間。
    クーラーが効いてるから涼みに行ったようなもんなんだけど図書館なんだし、
    ただ歩いてるのもなんなんで書棚を順番に見ながら、暇潰しをしていた。

    夏休みであるけれど、かなり人は少なかったと思う。
    歩いていると前方に小学校高学年から中学生くらいの男子がいた。
    視線が一瞬だけ合ったんだけど、
    自分はその子の後ろにある書棚を見ている振りをして、視線をそらした。
    それでもじっと男の子は自分を見ていて、
    何だか気味が悪いと思い、図書館を出ることにした。

    当時、自転車で図書館に来ていたんだけど、
    その男の子も同じ駐輪場に自転車を置いていたみたいで、
    その後も1時間ほど追い掛けられた。
    しかも自転車と自転車をピッタリとくっ付くような感じで。
    最高潮に恐怖と気持ち悪さと、警察に行くかどうか、
    このまま自宅に帰ったら自宅を知られるかも知れない恐怖とか、頭がこんがらがった。

    そのとき、自分の通っている高校が近くにあることと、
    高校に同じクラスで野球部に所属している同級生が部活動で出ているかも知れないと頭に浮かんだ。
    すぐ、高校に向かった。



    【【正体不明】アレは人間じゃない!?変な奴がついてくる!と助けを求めても誰にも見えない“人型のナニカ”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    882
    子供の頃の友人と町中でバッタリ出会い、
    成行きで俺が小学二年迄住んでいた地域を訪れる事になったのだが…。

    その地域には昔、小学二年時代の自分達の背丈くらい迄に生い茂った雑草に囲まれた長さ50m幅20m程の池が在り、その池から10m程西側に離れた場所には平屋建ての「これぞ日本家屋」といった古い家が一軒建っていたのだった。

    小学一年から二年生迄の春から夏の休日には、その池へ近所の子供達とよくザリガニ釣りに行ってたのだが、ある日、俺は池の西に建つその家に妙な関心を寄せてしまっていた。


    【【危険な女】妙な家からこちらを覗く美女、ヤバイのかその地帯はフェンスで囲まれて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    867
    怖いっつーか不思議な話
    俺の家はけっこうでかい店をやってて、当時も従業員が10人くらいいた
    夏のある日、俺が店の前で遊んでたら、おっさんが話しかけてきた

    「この家の子?」

    俺が頷くと、おっさんは
    「私はこういう者です」と言って名刺をくれた
    そして、

    「この家の人にはとてもお世話になった。お礼を言っておいてください」

    と頼んできた
    60代くらいで、すごく背が高くて紳士的なおっさんだった
    おっさんは、婆ちゃんが店をやってたときに働いていた人だった
    婆ちゃんはすごくびっくりしてた。
    「今更お礼に来るなんて変だ」とか不思議がってた

    問題はその後。
    家に、遺品だというおっさんの小さいアタッシュケースが届いた
    実は一週間くらい前に、飛行機の墜落事故があった。
    おっさんはその事故で亡くなっていたんだ
    俺がおっさんから名刺をもらったのは、その墜落事故の翌日だったんだ

    つまり俺が会ったあのおっさんは、幽霊だったんだな


    【不思議なオモロイ話だ「俺の周りに金が落ちてくる現象」と「死者と婆ちゃんの…な秘密」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    803 2017/12/16(土)
    隣町のローカル事件なんだけど、
    とある駅前の公衆電話ボックスが撤去する事が決まって
    中の電話機は局が早々に引き取りに来てボックスだけになってた。
    しばらくそんな状態だから、子供の遊び場になってしまい危ないからと
    鎖でグルグル巻きにされて誰もボックスに入れないようにしてしまった。

    その状態でなんと半年も過ぎた頃、
    ある夜駅に行くとそのボックスの周りに4~5人の人が集まって騒いでたらしい。
    行ってみると、鎖で入れない筈のボックスに金髪の外国男性が入ってて
    警察を呼べと騒いでいるのだ。

    で、すぐに警察と公安らしき黒塗りのスポーツカーと真っ白のベンツが現れて、
    その外国男性はベンツに乗ってあっさりと行ってしまったという。
    後で警察が国籍について調べると、実在しない国名だったという。

    そしてそのボックスは2日後に撤去されたが、
    電話機を置く台に緑色のクルミの殻が数個置いてあったらしい。



    【おまえの正体は何だ!? 鎖で閉じられ入れない公衆電話の中で暴れ、公安に連れて行かれた存在しない国の男】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5
    なぜだああああああああああああああああああああ


    【【緊急】なぜ日本の音楽業界は終わったのか?【討論】】の続きを読む

    このページのトップヘ