おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    輪廻転生

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    249
    高校に入学した初日に、一人ずつわざわざ教壇に立って自己紹介させられた。
    その時初めて会った人の中に寺田という女子がいたのだが、
    自己紹介中に俺と目があってショックを受けたように固まり、
    気を取り直して無難に話をまとめているようだった。
    俺は「?」となったが気のせいだと思い直した。
    俺が自己紹介する番になって教室を見渡すと寺田と再び目が合い、食い入るように睨まれている。
    気味が悪くなって早々に自己紹介を切り上げた。
    初日を無事に終え帰宅の準備をしていると寺田が俺の前にやってきた。

    「あたしのこと覚えてる?」
    「??? 寺田さんだっけ?」
    「違うよ。」
    「あっ、ごめん。名前を間違えたかな?」
    「名前のことじゃないよ。本当に覚えてないの?」
    「えっ? でもキミとは今日初めてあったんじゃない?」
    「そうか、あたしのこと覚えてないんだ。あの時の約束も…。」
    「あの時の約束?」
    「そう、生まれ変わっても、きっとまたお前を見つけだしてやるって言ってたのに…。」
    「生まれ変わっても…??? ごめん意味が分からないや。」

    正直これほどほんのり怖かったことはない。
    だけどなんとなく見覚えがあるような気がしなくもなかった。
    今から数十年前の話だ。


    【【前世の記憶】「あたしのこと覚えてる?」と聞く彼女、「人生がスタートする時点」に過去とか未来はないらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    異次元に迷い込んだ系の話とは違う
    数字とか輪廻に関係ある話だ


    【【魂を入れる作業】怖い世界を見た、数字とか輪廻に関係ある話だ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6
    マジレスすると泣きながらは出てこない


    【赤ちゃんが泣きながら生まれてくる理由ってなんだ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    輪廻転生生まれ変わりの体験談

    重度の小児喘息の持ち主だった俺、母ちゃんは女手一つで苦労しながら俺を育ててくれていた。そんなある日、激しい咳をした俺は母ちゃんが部屋の電気をつけるところを見たのを最期に意識が飛んでしまって――(おうまがタイムズ)



    773
    うちは母子家庭だった。
    母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで一人俺を育ててくれてた。
    親父が何してた人だったかは知らないけど会った記憶もない、
    気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で母ちゃんと二人暮らしてた。

    俺は重度の小児喘息の持ち主で、
    毎晩寝入りばなと夜明けの体温と空気の温度差が激しくなる頃に発作が出て、
    吸入器を加えさせられ、おさまるまで母ちゃんが背中をさすってくれていた覚えがある。
    時々泡を吹いて息が出来なくなって、
    でも母ちゃんがそんな俺を抱えて救急病院までタクシーで行ったこともあった。


    【【輪廻転生】「母ちゃん?」早死にした俺が生まれ変わって前世の母にスーパーで出会った話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    どうなってるんやろなぁ


    【人間って死ぬのが怖いんじゃなくて死んだ後の世界が怖いんだよな?】の続きを読む

    このページのトップヘ