おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    霊能力

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    585
    ちょっと思い出した話がある。

    霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるけど、
    これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。

    数年前、ある人に連れられて飲みに行ったら、
    そこのホステスさんが霊媒体質だということだった。
    お決まりの幽霊話かなと思っていたが、ちょっと違っていた。

    きっかけは忘れたが、店の中で突然憑依されたらしい。
    その女性がまるで男のような話し方に変わり、言葉遣いも変になった。
    まるで昔の武士みたいな話し方。
    たまたま客も居ないし、また例のやつが始まったかと
    他のホステスも放ったらかしにしていたが、
    次第に様子がおかしくなっていく。

    店の中をノシノシと歩き回り、
    もの珍しそうに見て回っては、これはなんだ?
    と強い訛りのある言葉で尋ねたそうだ。
    (なんとか意味は伝わったらしい)
    ウイスキーのボトルを見ては、これはなんだ? ウイスキーと答えると、
    「ういすきー? それはなんだ?」という具合。
    例しに飲ませてみると、始めて飲んだように思わず顔をしかめる。
    特に、天井のシャンデリアを物珍しそうに眺めていたそうだ。
    電気を知らないらしい。
    しかも天井から吊す照明器具は見たことがないみたい。
    (昔は行燈だったからね)

    そのうち、「ここはどこだ?」と尋ねる始末。
    ようやく自分が別世界に来たことに気づいたらしい。
    「わしは帰る」と行って店を出ようとするし、
    店から出たら出たで今度は、
    外の様子が近代的な建物ばかりだから、茫然自失となる。
    半分パニックになりかけていたのを他の人がなだめすかすのに苦労したそうだ。


    【【時を超えた霊媒】意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    お坊さんの心霊体験談

    前回、前々回と、お坊さんの職業にまつわる不可思議な体験談を語ってくれた報告者が、今回は祈祷師や霊能力、自坊の不可思議な現象などについて語ってくれています――(おうまがタイムズ)



    38 2017/08/15(火)
    こんばんは

    前スレで書いた者です

    実は祈祷師は宗派内でそこまで高い地位ではありません
    みんな僧侶になったら祈祷師の資格を取りに行くのが当たり前になっていますからね(例外もありますが…)
    寧ろ勉学に秀でた人の方が上(いわゆる本山)にいける様な気がします
    これはどこも共通だと思います
    なぜなら、仏教宗派にとって祈祷はあくまで布教方法の一つでしかないという認識だからです
    実際、後世にまでなお残した僧侶で祈祷のみで貢献のあった人は少なく、
    勉学・布教に優れた人が多いです

    あと霊能力とかについて
    まず霊能力が実際存在するかどうかについてはいったん置いといて、
    僧侶になるのに霊能力は必要ありません
    実際私自身も無い方だと思います。
    祈祷も霊能力とかそういう個人的な力が必要ありません。
    理由は祈祷の内容に触れる可能性があるので書く事が出来ませんが…
    中には生まれつき持っている人もいますし、
    祈祷の修行中に開眼したと言う人もいるみたいです(私ではないので実際はわかりませんが)

    確かにあれば有利かもしれませんが、
    祈祷の作法と違った事や祈祷に関する宗派内の法規に逆らう事はできませんので
    あっても無くても変わらない気もします
    まぁ、そういう力がある人はある人なりに大変らしいですよ。
    以前も修行中に「幽霊が見えた」とか言ってやめた人がいたみたいですし
    実際そういう力が変な能力にシフトした友人もいます



    【【お坊さんの心霊体験談】祈祷や霊能力、私の家の寺の不思議な現象について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    あるなら答える


    【霊感が強いんだけど質問ある?野良猫を見かけるのと同じように普通に幽霊が視える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    心霊 おうまが ロゴ

    【強い霊感は三代目に色濃く出る】死を予知か?夢枕をみる我が家の親父

    曾祖父が拝み屋のような職業だったためか、霊能家系の我が家。霊感は三代目に色濃く出るらしく、三代目の親父には半端ない霊能力が備わっていて―― 

    我が家はちと特殊な家系。
    曾祖父が拝み屋?祈祷師?だかをしていたらしい。
    祖父ちゃん曰く、「強い霊感は三代目に色濃く出る」らしく、三代目は親父。
    親父の霊感は半端ない。

    そんな我が家だが、家の造りがちょっと特殊。
    南国と呼ばれる部類の地域に住んでる為、家中の戸は木で出来た襖でスライド式。
    開け放して涼しくなるように造ってある。
    襖を全部開けると家中の部屋が見えるw
    そのため音は割と筒抜け。
    PCで笑える動画見て笑うもんなら家中に声が響き渡るw
    プライバシーってなんですかwww


    【【強い霊感は三代目に色濃く出る】死を予知か?夢枕をみる我が家の親父】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    異世界社会見学でいないものだった俺

    小学生の時に、学年全員でパン工場に見学に行ったと語る報告者。学校に戻ってきて原稿用紙を渡され、自宅で社会見学の感想を書いて翌日先生に提出しようとしたら、クラスメイトに「あれ?昨日ってお前いなかったやん」と言われ先生にも怪訝な顔をされてしまい――(おうまがタイムズ)



    493
    俺を含め親とか祖母とか、
    色々な不思議体験してるんやけど、今回は俺の話。

    小学校三年生のとき地元のヤマ○キパンの工場に、
    学年全員で見学に行くというもの。
    一週間以上前から学校から
    保護者用に渡される連絡プリントで親も知ってる。


    【【時空の歪みと未来予知】参加したはずの社会見学で“いない者”になっていた俺】の続きを読む

    このページのトップヘ