おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    霊能力

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/01/15(月)
    本当にそういう人人いるんだねと思う出来事があったから独り言します

    とりま俺のスペック
    25歳 テレビ局で働いてます
    怖いと言われる体験は小さい頃からちょいちょいしてます
    だけど見た事は全く無し



    2
    例えば子供の頃部屋の電気の紐
    親が長い紐足してたんだけど夜中何気に眺めてると紐が暴れ出したり
    爺さんの家に遊びに言った時留守番させられてると壁バンバン叩かれたりとか



    4
    ポルターガイストってやつか


    5
    友達と肝試しに行くと結構な打率で変な事起きたり
    そんな事起きてもどっちかって言うと慣れてるって表現が1番しっくりする。
    だから何?みたいな



    6
    そんなだから友達も面白がってよく心霊スポットに俺を連れて行きたがるし変な奴も良く寄ってくる
    自称霊感あるとか云う構ってちゃんとか
    そーゆーのも含めて慣れてた



    【【本物の霊能者に遭遇】テレビ局に勤める俺、除霊なんて信じてなかったのに衝撃の「幽霊解決方法」教えてもらった…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    882
    素朴な質問。
    視力悪くてメガーネ取ると殆ど見えないんだけど、
    霊が視えちゃう人って裸眼の視力が低くても霊体って分かるのかな?

    目が悪いから怖いもん視えないぜw
    なんて思ってきたけど関係ないのかしらー。


    【質問!霊が視えちゃう人って視力が低くても“ソレ”が霊体だって分かるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    寺生まれのTさん

    寺生まれのTさんとは、霊感が非常に強く、怪現象が起こり登場人物がピンチになった時に颯爽と現れ、「破ぁ!」の一言で悪霊などを祓ってしまうという、寺生まれの一般人です。そんなTさんを彷彿とさせる霊感の強い兄がいて、不思議な出来事が起こったと語る報告者なのですが――(おうまがタイムズ)



    903
    私には、年の離れた兄がいます。

    普段何してるか判らない飄々とした自由人。
    見える弟が言うには、とにかく息をするように祓って歩くらしい・・・


    【【リアル寺生まれのTさん】息をするように祓って歩く兄のお祓い事件簿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    81
    バカな質問かもしれないけど、霊って、視力が悪くても見えるもの?
    何人かの占い師に、とても霊感が強いと言われることが度々あるのだけど、
    見えるどころか、何も感じたこともなくて。
    でも、それはもともと注意力散漫なせいか、
    もしくは視力がとても悪いことが原因かも…と思ったりしてます。
    夢の中でさえ、裸眼状態でボーッと見えてることが多い(それは普通?)。
    今度レーシックを受けるのだけど、見えるようになるのかな。
    視力が弱いのに、霊がハッキリ見える人はいますか?


    【霊って視力が悪くてもみえる?視える人って人の幸不幸や腹黒さもみえたりするのかな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    585
    ちょっと思い出した話がある。

    霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるけど、
    これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。

    数年前、ある人に連れられて飲みに行ったら、
    そこのホステスさんが霊媒体質だということだった。
    お決まりの幽霊話かなと思っていたが、ちょっと違っていた。

    きっかけは忘れたが、店の中で突然憑依されたらしい。
    その女性がまるで男のような話し方に変わり、言葉遣いも変になった。
    まるで昔の武士みたいな話し方。
    たまたま客も居ないし、また例のやつが始まったかと
    他のホステスも放ったらかしにしていたが、
    次第に様子がおかしくなっていく。

    店の中をノシノシと歩き回り、
    もの珍しそうに見て回っては、これはなんだ?
    と強い訛りのある言葉で尋ねたそうだ。
    (なんとか意味は伝わったらしい)
    ウイスキーのボトルを見ては、これはなんだ? ウイスキーと答えると、
    「ういすきー? それはなんだ?」という具合。
    例しに飲ませてみると、始めて飲んだように思わず顔をしかめる。
    特に、天井のシャンデリアを物珍しそうに眺めていたそうだ。
    電気を知らないらしい。
    しかも天井から吊す照明器具は見たことがないみたい。
    (昔は行燈だったからね)

    そのうち、「ここはどこだ?」と尋ねる始末。
    ようやく自分が別世界に来たことに気づいたらしい。
    「わしは帰る」と行って店を出ようとするし、
    店から出たら出たで今度は、
    外の様子が近代的な建物ばかりだから、茫然自失となる。
    半分パニックになりかけていたのを他の人がなだめすかすのに苦労したそうだ。


    【【時を超えた霊媒】意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話】の続きを読む

    このページのトップヘ