おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    風習

    750
    皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。
    実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、
    取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。
    諸説ありますが、来年もまた沢山の実をつけてくれるようにという願いを込めた行為です。

    これは、私の祖父の姉が子供の頃に体験したお話です。

    祖父の家の裏山には大きな柿の木があります。
    その柿は渋柿で、毎年干し柿をたくさん作っています。
    祖父の家では、一本の縄に10個ずつ柿を吊るします。それがズラーッと並ぶと壮観ですね。
    良い具合に干された頃に、猿がやってきて盗んで行く事もあるそうです。
    毎年、学校から帰ると、お婆ちゃん(祖父の祖母)と姉、弟と一緒に干し柿作りをしていました。

    その年の秋も裏山の柿の木は、鈴生りに実を付けていました。
    お婆ちゃんは風邪をこじらせ寝込んでしまっており、祖父と姉が干し柿作りを任されました。
    柿の実は父親が取り入れてくれており、皮を剥いて縄に吊るすだけです。
    祖父と姉は数日掛かりで作業しました。
    そろそろ終わりに近付いた頃、姉は柿の実の数が足りない事に気がつきました。
    柿が7個しかありません。几帳面な姉は、木にいくつか残っていた事を思い出して見に行きました。
    ちょうど3個残っています。姉は少し考えたんですが、区切りが良いので取ることにしました。



    【「お前の右足を食べたいねえ…」「私は左足を食べたいねえ…」住職に頼むも無視。人智を超えた相手を姉が怒らせた結果・・・】の続きを読む

    1
    装飾を寺とか日本風の墓石とかにして
    おでこに三角の白い布つければええんか?



    2
    妖怪のコスプレして百鬼夜行になればおk


    5
    >>2 
    それめっちゃ楽しそうだな



    【お前ら「ハロウィンは日本のイベントじゃない(怒)!」←じゃあ日本風にすればええんか?】の続きを読む

    226
    俺の実家は東北の超田舎にあるんだけど、
    数年に一度(具体的な年月日は省く)
    村全体で謝肉祭をやるんだよね。

    その風習?が少し変わっていて
    その年に7歳になる子供と、
    16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れて
    普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠?に閉じ込めるの。3日間。
    でも一つ問題があって、これに選ばれた人間は、
    色々とおかしな事になってしまいました。
    だから、選ばれる人間は、必ず村の中で立場の弱い人間が中心に選ばれる。

    で、3つ前の祭で問題が起こった。


    【村長「7歳と未婚の女を祠に閉じ込める」娘「私が入らないと大変なことになる!!」→無視した結果ヤバい事に・・・】の続きを読む

    1
    クチャラーは許せないくせに自分は下品な音立ててすする奴の多いこと
    外国だと嫌われるからな


    3
    ここは日本です


    10
    >>3 
    日本でも嫌うやつはいる


    5
    たくあん音立てずに食えってくらい難しい


    6
    ズルズル食べるからうまいんじゃん


    11
    外国人もラーメンや蕎麦だけは啜って食わね?
    啜るのができない奴は別として


    15
    音を立てちゃいけないのは洋食全般のマナー


    16
    蕎麦はむしろ音を立てるもんだろ


    【【日本のマナー】ズルズル音立てて蕎麦やラーメンをすする奴は下品!】の続きを読む

    902
    俺の母方の実家にまつわる話。

    昔は名家で町や市の議員を輩出したこともあったらしい、今はだだっ広い家と田んぼしかないけど
    その実家の隅のほうには白蛇の神様を奉った社がある、まぁ中は蛇がとぐろ巻いたように見える白い石が置いてあるだけなんだが
    祖母が言ってた話だと、その神様がいる限り家は安泰で幸福が訪れるとか何とか、他の地域でも昔からの家だと奉られてたりするらしい


    でも、その神様は男好きで、年頃の男をさらってたべるらしい。


    祖母の弟もその社の近くで失踪してる(酒の席で聞いただけなので真偽は不明)
    そのせいかいくつか男限定の決まりごとというかルールがある

    ・社の前に行くな
    ・十才前後になったら家の敷居を跨ぐな
    ・白い蛇を見つけたらすぐその場から立ち去れ

    とか他にもなんかあった気がするけど大体こんな感じ、そのせいで十年前の祖母の葬儀も当時16だった俺だけ出てない
    二十歳過ぎた頃に初めて祖母に線香あげにいったのは今ではいい思い出

    この話をたまたま飲みすぎて帰った時ぽろっと、この手の話が好きな弟に喋ったら「自分も行きたい」とか言い出す始末
    まだ18歳だし行くのやめて欲しいから
    「俺が少し調べてみる、それでどうしても行きたいなら20なってから行け」と言っておいた
    で調べ始めたのはいいんだけど母親も「昔聞いただけだから詳しくはしらね」
    今その家に住んでる伯母も同じような感じだからもう調べようないし
    誰かこういう話聞いたことある人いませんか?


    【【悲報】男さん、「男好きな神様」に好かれるとこうなってしまう・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ